クリスタル装飾品で有名なスワロフスキーが所有するボデガ・ノートン


クリスタルのように繊細な…というわけではなく、かなりどっしりとしたワイン。
どっしりですがエレガントさもある、高級ボルドー的な味わいのワイン。
マルベック好きならばアシャヴァル・フェレールと同じく一度は飲んでみるべきワイン。

ワインデータ

ワイン名:Gernot Langes
生産地:Argentina > Centro-Oeste > Mendoza
生産者:Bodega Norton (ボデガ・ノートン)
品種:Malbec (マルベック), Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Cabernet Franc (カベルネ・フラン)
スタイル:Red wine

ワイナリー

1895年エンジニアのエドマンド・ジェームス・パーマー・ノートンがアルゼンチンに到着し、アンデスを越えて鉄道を建設し、メンドーサのテロワールに恋をします。彼はフランスから輸入されたブドウでルハン・デ・コージョ都市に自分のブドウ畑を作ることに決めました。

1895年夢と開発が始まります。
1919年今日我々が見ているワイナリーの建設が始まります。
1951年ノートンの上質な赤と白のワインは全国的に高い評価を受けました。
1970年ボデガ・ノートンは、メドラーノ、ルンルンタおよびアグレーロの土地を取得します。


1989年オーストリアの実業家ガーノット・ランゲス・スワロフスキーは、メンドーサの美しさに心奪われ、アルゼンチンワインの発展の可能性を見出しました。彼はボデガ・ノートン…ブドウに囲まれた地域で唯一の伝統的なワイナリーを購入ことにしました。
1991年ガーノット・ランゲス・スワロフスキーの息子ミカエル・ハルストリックのもとでブドウ畑の新しい時代が始まり、投資と拡大によってボデガ・ノートンは輸出市場を開拓する最初のワイナリーの1つとなりました。

1994年ボデガ・ノートンは「アルゼンチンのマルベック」と同義語となり、D.O.C(Denominacion de Origin Controlada) で認められています。有名なエノロジストのホルヘ・リッチテリがノートン・マルベックD.O.Cを発表します。
1997年ボデガ・ノートンは、ルハン・デ・コージョ都市にあるアルト・アグレーロの中心部に位置する、メンドーサ最大級の敷地、1,000エーカーのフィンカ・ラ・コロニアを取得しました。
1998年ボデガ・ノートンのワイン・バーの建設が始まり、コルドンデルプラタ山とアンデス山脈のパノラマビューが楽しめます。

2000年ボデガ・ノートンは、ノートン・スプマンテ・シリーズのスパークリング・ワインを製造する国内初のワイナリーの1つになりました。

2000年-2004年ミカエル・ハルストリックは「ブドウ栽培産業のビジネスマン・オブ・ザ・イヤー」を授与され、ボデガ・ノートンはアルゼンチンの2つの主要新聞(ラ・ナシオンとクラリン)によって最も賞賛されている上位100社に含まれています。

2009年ワイナリーではレストランラ・ヴィッドがオープンし、ボデガ・ノートン・ワインとの組み合わせで、この地域の素晴らしい現代的なアルゼンチン料理を楽しむことができます。

2012年ボデガ・ノートンの熱狂的人物ホルヘ・リッチェッリは、著名なアメリカの雑誌ワイン・エンスージアストにより、「ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」と名付けられた最初の南アメリカ人です。ワイン・スペクテーターには、ノートン・レゼルバ・マルベック2010がトップ100ワインのリストに含まれています。

2014年ノートンはLOTEと名付けられた高級ワインのシングル・ヴィンヤード・ラインを発表します。それは消費者がそれぞれの地所の異なったテロワールを楽しむことを可能にする革新的な概念です。

2014年ボデガ・ノートンはアルゼンチンで最も重要な輸出ワイナリーの1つになり、高級ワインを60カ国以上に輸出しています。

2015年「飲み物ビジネス」で「アルゼンチンの若年ワイン生産者トップ10」に選ばれる
2017年には2017年10月号のデキャンター・マガジンで、「南アメリカのトップ10ワインメーカー」の1つに選ばれました。


2017年ボデガ・ノートンが代表する上質なワインと専門知識をよりよく反映するための方法を模索しています。家族で元気のある労働者チームは言うまでもなく、ワイナリーはそのブランドで新しい方向性を示しています。アルゼンチン・ワインのパイオニアとして、ボデガ・ノートンの長い歴史を祝うために、新しいボトルで特別な署名を披露してイメージの見直しをしました。手書き文字の「シグネチャー・ワイン・メイキング」は、エドワードノートン自身に触発され、120年以上続いた、ボデガノートンの品質とワイナリーを意味します。

このワインは

ボデガ・ノートンのアイコンワインとして、ジェルノ・ランジュはその所有者ジェルノ・ランジュ・スワロフスキーにちなんで名付けられました。
このワインは、ボデガ・ノートンで最も古いブドウ園から厳選された最高級のマルベック、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランのブドウを厳選して作られています。
独特のブレンドは、16ヶ月間フレンチオーク樽で熟成されてから、さらに14ヶ月間ボトルで熟成されます。
ジェルノ・ランジュの4,988本のボトルのそれぞれが、彼らのワイナリーの精神とビジョンを表しています。

テイスティング

高価だが驚くほど美味しいアルゼンチンワイン。
黒に近い色。
チェリー、チョコの香り。
タンニンは滑らか。
濃厚。

飲んだ日:2017-03-10
飲んだ場所:アン プティプー
買った日 :2017-01
買った場所:ワイン通販 エノテカ楽天市場店
価格10,800円
インポーター:ワイン通販 エノテカ楽天市場店