ワイン忍者

日々ワインの事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインの事や、ワインに合う市販のおつまみ、食べ歩いたお店を書いていきます。

カテゴリー: 飲んだワイン (Page 1 of 17)

飲んだワイン モリードゥーカー・ワインズ/ブルー・アイド・ボーイ2015 7点

酔っぱらいながら友人の外人忍者と話している時に毎回煽り文句が面白すぎるYNSトーキョーからメールが来て、文面を読みながら爆笑して思わずその場で買ってしまったのがモリードゥーカー・ワインズ


結果としては当たりだと思えるワインでしたが、ニューワールドで7,000円近くするワインなので美味しくて当然という感じはします。
アルコール度数が高く凝縮感も強いワインなので、冬に楽しめると思います。

続きを読む

飲んだワイン ピーター・ベッラ・ヴィンヤード/スムース・レッドN.V. 6点

以前はやまやでボックスタイプが売っていたピーター・ベッラ

現在は国内で取り扱いが無いようです。
友人のニュージー忍者の母君がタイで何故かアメリカワインを買ってきましたのでご同伴。

続きを読む

飲んだワイン ファミーユ・カーズ/シャトー・ランシュ・バージュ1988 9点

友人の外人忍者が昔好んで持ってきてくれていたワインがランシュ・バージュ1988


あまりによく持ってくるので、ワインを知らなかった頃はそれほど高くないのかと思っていましたが、非常に高価。
年代物なのにフレッシュに感じる力強さはボルドー5級とは思わせない美味しさです。

続きを読む

飲んだワイン ジェラルド・チェザーリ/ジュスト アパッシメント2014 6点

アマローネで有名なチェザーリ家の入門編ワイン。
そういえばアマローネが福袋で当たっていました。


チェザーリ家の紋章にはワインづくりに賭ける思いが描かれており、騎士はチェザーリ家の人々、鷲は繁栄の守り神、碇は恒久性の象徴。
土壌の繁栄と収穫を待つ忍耐強さが、良いぶどうとワインを生み出すための鍵であることを示しています。

続きを読む

飲んだワイン ボヴァン・ワイナリー/ディッサン・バリック2012

高級フレンチで持ち込むワインではないのかもしれませんでしたが、マケドニア・ワインのボヴァンというのは中々他の方も飲んだことがないであろうと思い持ち込んでみました。


古来種ブラネックを使用したディッサン・バリックは、非常に高いポリフェノール値が証明されており、健康志向に適したワインとして注目が集まっているとの事。
高級ナパワインと同じくらいの力強さがあり、熟成期間を経てタンニンが落ち着き、素晴らしいワインに仕上がっておりました。

続きを読む

飲んだワイン 北条ワイン醸造所/Hojyo Wine 砂丘 赤2014 6点

鳥取のワインを飲んだのは初めてです。


砂丘というド直球なネーミングのワイン。
2014年なのである程度熟成しているかと思いましたが、ピーマン香のあるフレッシュなカベルネ・ソーヴィニヨンの香り。
更にタンニンがしっかりしているので、やや粗野なイメージがしました。
北条ワイン醸造所/Hojyo Wine 砂丘 赤2014

続きを読む

飲んだワイン ジャムシード/レーンウェイ レッド2013 7点

以前から好きなワインのジャムシード

ピノ・ノワールとシラーを混ぜるという、ブルゴーニュでは罰当たりなブレンドですが、これが中々美味しい。
ピノ・ノワールのエレガントさとシラーのスパイシーさがバランス良く存在しているワイン。

続きを読む

飲んだワイン オスピス・ド・ボーヌ/ボーヌ プルミエ・クリュ ニコラ・ロラン2011 7点

45のキュヴェがあり、11月のオークションは最高に盛り上がるというオスピス・ド・ボーヌ

現在HPは過去15年間、オスピス・ド・ボーヌのワイン・オークションで1番のバイヤーとなったメゾン・アルベール・ビショーが管理しています。
また、運営に関しては2005年よりイギリスのオークション・ハウスであるクリスティーズが行っています。

続きを読む

飲んだワイン シャトー・オー・バタイィ2006 7点

戦闘という意味を持つバタイィ(またはバタイエ)。


イギリスとの100年戦争時にフランスがイギリス軍をフルボッコにした土地であり、この名前が付いているという事です。
バタイィとオー・バタイィがあり、バタイィの方が評価は高い様です。

続きを読む

飲んだワイン ジュゼッペ・マスカレッロ・エ・フィッリオ/バローロ モンプリヴァート2003 8点

珍しく中華料理と合わせてみたイタリア高級ワインのバローロ モンプリヴァート


熟成バローロは中華料理とも意外に相性が良く、お互いの旨味を増しているように感じました。
単品で飲んでみても旨味が強いので満足のいく優雅な時間が過ごせそうです。

続きを読む

Page 1 of 17

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

error: Content is protected !!