ソムリエールという漫画で「世界にはまだ知られていない凄いワインがある」という紹介で出ていたフィンカ・アルタミラ

早速行きつけのワインショップに無理を言って仕入れて貰い、同じ漫画を読んでいる友人と持ち込みができるお店で開けてみました。
一緒に飲んだ友人が良かったのもありますが、とても感動したワインでした。
ワインは一緒に飲む人によってかなり味が左右されます。

 

楽天などには出品は既になく、藤屋酒店で販売されています。
日本のネットで出回っているのは今の段階ではこれで最後でしょうか。

ワインデータ


ワイン名:Finca Altamira フィンカ・アルタミラ

生産地:Argentina > Centro-Oeste > Mendoza
生産者:Achaval Ferrer (アシャバル・フェレール)
品種:Malbec (マルベック)
スタイル:Red wine

ワイナリー

当初からワイナリーは情熱とビジョンの基礎、友情とつながり、そして夢と創造に基づいています。
したがって、その描かれたアイデンティティーは、これらの価値によって影響を受けています。
地中海にルーツを持つ2人の創業者の姓として象徴される旧ヨーロッパのエンブレムです。
当時、アシャバル・フェレールは今日創設者たちの心の夢に過ぎなかったが、それから15年以上が過ぎました。
今日、このブランドは70カ国以上で、10言語以上の異なる文化で運営されています。

この成長のために私たちはブランドの改訂プロセスと記号論的分析を開始し、それによってイメージを改善することに決めました。
だから私たちのロゴは新しい姿をとるでしょう。
その起源、要素、スタイルを維持し、結合とメッセージを強化し、旧世界と新世界との架け橋としての存在を類推します。
私たちは、皆様とともに私たちの新しいイメージを共有したいと思います。
顧客のすべてが将来の私たちと一緒になるだけでなく、変化に満足していることを本当に願っています。

優れたワインの開発に取り組むアシャバル・フェレールは、アルゼンチン産のワインの生産に関して優れた品質を追求しています。
アシャバル・フェレールはメンドーサの最高の丘のブドウ園に深く根ざした世界最高品質のワインをお届けします。
彼らはワイン製造の本格的なプロセスを発見するために3つのレベルを提供しています。

1995年夢を探すための最初の冒険的なステップとしてサンティアゴ・アシャヴァル、ロベルト・チプレッソ、マニュエル・フェレール、ティジアーノ・シヴィエロが一緒に彼らの歩みを描きます。
1998年アシャバル・フェレールのワイン・セラーが生まれ、ディアマンテ・ヴィンヤードが購入され、最初の作物となります。
1998年ディエゴ・ロッソが加わり、既存のブドウ園と将来のブドウ園のそれぞれに魂を刻むという使命に加わります。
1999年これがアルタミラの物語が始まる瞬間で、彼らがワイナリーの運営を構想していた間、アルタミラ・ヴィンヤードは光を与えて道を示すために作られていきます。
2000年後にアルタミラ・ヴィンヤードで1998年に収穫された1999年のワインは、デキャンター・スター5個を獲得し、この賞を受賞した最初のアルゼンチンワインになりました。
2000年ベッラ・ヴィスタとミラドールのブドウ畑は、シングル・ヴィンヤードのビジョンとして追加された新しい畑となりました。マルセル・ビクトリアがワイナリーに加わり、商業的なベンチャーが始まります。

2001年代表となるワインの「キメラ」が作成されました。
2002年アルゼンチンでは素晴らしいシーズンが続き、最初の収穫があり、彼らのポートフォリオの中でヴェラ・ヴィスタ・ヴィンヤードはその地位を占めています。テロワールのコンセプトに初めてすべての模範となるワインができました。
2004年アルタミラ・ヴィンヤードは、ワイン・スペクテイターでは南米史上最高得点である96ポイントを得ました。
2004年新しくメンドーサ・マルベック2003を作成しました。初めて10万本以上のワインが販売されていますが、ブエノスアイレスでクリスチャン・ドゥトキエヴィチ監修の商業ベンチャーが始まります。
2006年彼らの夢は現実のものとなり、メンドーサ川沿いのベッラ・ヴィスタにある家を取得しました。イタリア・ソムリエ協会による最高のイタリア・ワインメーカーとしてロベルト・チプレッソが授与されました。
2007年彼らは20万本ボトル作成のゴールを達成し、ワインは25の国際市場で販売されました。
アシャバル・フェレールは2011年と2012年にワイン&スピリッツ誌で「イヤー・オブ・ワイナリー」に受賞されました。

2011年ワイン・アドボケートからアルタミラ・ヴィンヤード2009が99ポイントを得ました。このスコアを達成した最初の南米ワインになりました。また国際的な評価の高いSPIグループ(ベルギー:ルクセンブルクが本拠地の酒類企業グループでロシア人の富豪ユーリ・シェルフラーにより1997年設立。ストリチナヤ・ウォッカが基幹ブランド。)にワインを扱い始めてもらいました。現在カベルネ・メンドーサとして知られているものの最初の収穫が行われ「メンドーサ」ラインが広がります。
2012年アシャバル・フェレールブランドは世界中の65以上の市場に広がりました。ベッラ・ヴィスタ・ヴィンヤード2010はワイン・スペクテイター年刊誌で世界トップ10の中から選ばれています。これは南米ワインの歴史的な賞です。
2013年新しくワイン業界で長年のキャリアと経験を持つシルヴィオ・アルベルトがワイナリーのCEOに就きました。彼はこの偉大なキャリアの挑戦を喜んで受け入れています。彼の主な目標は、ブランドを国際レベルに高めることです。
2013年TOP 3ブドウ園
「フィンカ」ラインのおかげで、彼らの人気と認知度は高まります。アルタミラ・ヴィンヤード、ミラドール・ヴィンヤードとベッラ・ヴィスタ・ヴィンヤードはそれぞれ96,96、および95ポイントのアルゼンチンワインのトップ3ワイン・スペクテイター・ランキングを獲得しました。
2014年今年初め、ガストン・ウィリアムズはトレード&マーケティング・ディレクターを務め、ブランドの拡大などワイナリーの新たな課題に直面しました。まもなくリカルド・ロメロがCFOとして引き継ぎ、彼の大規模なプロフェッショナルの経歴を得て、同社の価値ある買収であることが証明されました。

このワインは

アルタミラは極端な天候の山で、静かで落ち着いた雰囲気がトゥヌヤン地域のピークの強さに混ざり合っています。
それはブドウ園の中で最も対称的なもので、黒と赤の果実から香辛料やミネラルや花に至るまで香りの光を持っています。
それは、豊かで新鮮で複雑で魅力的です。
賢明な長老のようにアルタミラは常に新しい話を共有しています。

テイスティング

注いでみると正に漆黒のワイン。
向こう側が全然透けて見えません。
温度が上がってくるとプルーンのような香り。
造り手の気合が伝わってくる味わいの重厚さ。
高齢の樹からしか造られず、凝縮した複雑さは他の追従を許しません。
酸と凝縮した味が素晴らしいバランスで成り立っていると思います。
本当に美味しかった。

飲んだ日:2011-09-25
買った日:2011
飲んだ場所:ビストロ ニ ドワゾォー
買った場所:ワッシーズ 取り寄せて貰ったので、在庫は無いと思います。
価格:15,000円(税抜き)
インポーター:ジェロボーム株式会社