ワイン忍者

日々ワインの事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインの事や、ワインに合う市販のおつまみ、食べ歩いたお店を書いていきます。

カテゴリー: 日本 (Page 1 of 2)

飲んだワイン カーヴ・ハタノ/アイス 巨峰2017 7点

2019年4月27日にできたカーヴ・ハタノのカフェで飲んだ甘口ワインのアイス巨峰

ハーフボトルなのでお値段が手ごろ。
甘ったるすぎずあっさりとした味わいは結構好み。
巨峰が好きならばファースト・ヴィンテージ購入はするべきかと。

続きを読む

飲んだワイン カーヴ・ハタノ/グラン・シャルドネ2017 8点

2019年4月27日にできたカーヴ・ハタノのカフェで飲んだフラッグ・シップのグラン・シャルドネ2017

流石に一番おいしいと感じました。
厚みや旨味をしっかり引き出せておりますが、さすがに手間がかかるのか7,000円というお値段。
ブルゴーニュだと出せるのに日本ワインだとまだ躊躇してしまいますが、このワインは有り。

続きを読む

飲んだワイン カーヴ・ハタノ/クラカケ・ブラン2017 6点

2019年4月27日にできたカーヴ・ハタノのカフェで飲んだクラカケ・ブラン2017


東御市鞍掛のお膝元のワインです。
まだ若々しさは隠せませんが、今後どう成長していくかわからないワイナリーのファースト・ヴィンテージが飲めたことは僥倖。
個人的にはチクマ・シャルドネの方が好み。

続きを読む

飲んだワイン カーヴ・ハタノ/チクマ・シャルドネ2017 7点

2019年4月27日にできたカーヴ・ハタノのカフェで飲んだチクマ・シャルドネ2017


千曲市八幡産のシャルドネを使用しているワイン。
作りがしっかりしているのか凝縮感もあり非常に美味しいワインに仕上がっていました。

続きを読む

飲んだワイン カーヴ・ハタノ/クラカケ・ルージュ メルロー2017セレクション 7点

2019年4月27日にできたカーヴ・ハタノのカフェで飲んだクラカケ ルージュ2017


東御市鞍掛のお膝元のワインです。
まだ若々しさは隠せませんが、今後どう成長していくかわからないワイナリーのファースト・ヴィンテージが飲めたことは僥倖。
ただこれはメルローにしては私にはやや軽過ぎましたが、ここら辺は好みですからね…

続きを読む

飲んだワイン MGVs ワイナリー(株式会社塩山製作所) (マグヴィスワイナリー)/MGVs B153 2016 6点

元々は半導体の会社であった株式会社塩山製作所ことマグヴィスワイナリー


商品名は全てアルファベットと3ケタの数字によって表されます。
そんなところも半導体メーカーらしい。
B:ベーリーA
1:ブラッシュ 白ワインのフリーランと同じ仕込みの果汁
との事。

続きを読む

飲んだワイン 旭洋酒(ソレイユワイン)/それいゆ Soleil Pinot Noir2015 6点

山梨ワインを愛する唐揚げ忍者がワイン会に持ってきてくれたのがそれいゆワイン。


数が少ないらしく希少なワインとの事。
ワイルドなピノというべき味わいで、中々勉強になりました。

続きを読む

飲んだワイン 北条ワイン醸造所/Hojyo Wine 砂丘 赤2014 6点

鳥取のワインを飲んだのは初めてです。


砂丘というド直球なネーミングのワイン。
2014年なのである程度熟成しているかと思いましたが、ピーマン香のあるフレッシュなカベルネ・ソーヴィニヨンの香り。
更にタンニンがしっかりしているので、やや粗野なイメージがしました。
北条ワイン醸造所/Hojyo Wine 砂丘 赤2014

続きを読む

飲んだワイン アルカンヴィーニュ/巨峰ロゼ2015 7点

2015年に設立された若いワイナリーアルカンヴィーニュ

アルカンヴィーニュは「ブドウで繋ぐアーチ」という意味だそう。
株主の友人忍者が株主総会のお土産で貰ってきてくれました。
アルカンヴィーニュ/巨峰ロゼ2015

続きを読む

飲んだワイン はこだてわいん/Cave -283m 年輪 青函トンネル熟成 赤 5点

なんとなく希少性を感じて飲んでしまったワイン

希少性重視で味はまだ頑張る余地がありましたが。

はこだてわいん Cave -283m 年輪 青函トンネル熟成 赤

はこだてわいん Cave -283m 年輪 青函トンネル熟成 赤

またしても日本ワインになってしまった。
どうも衝撃的というか、頑張りが感じられるというか名前が面白くて思わず購入してしまったりするのが日本ワインだったりするのかもしれません。
友人のご母堂がワイナリーで購入したモノが巡り巡って我が手の中に。
ワインの運命とは面白いものです。

続きを読む

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

error: Content is protected !!