ワイン忍者

日々ワインの事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインの事や、ワインに合う市販のおつまみ、食べ歩いたお店を書いていきます。

雑記 中央線ビアフェスティバル2019年4月11日~14日

中央線沿線在住の友人に連れられて訪問したのが中央線ビアフェスティバル2019

毎年やっているわけではなく、今年突発的に開催になったようです。

会場は大手のビアフェスに比べると小ぢんまりした感じでしたが、かなりの人出で常ににぎわっていました。

続きを読む

ビール ストーン ブリューイング/ゴートゥーIPA

強烈なIPAというとアルコールが強いイメージがありますが、このゴートゥーIPAはアルコール感が強くないのにしっかりポッピー。

苦さの単位IBUもそれほど高くないのに苦みがしっかりでホップヘッド(ホップ中毒)にもたまらない味わい。

ミッケラーの1000IBUというビールはアルコール感しかなかったので、それに比べてもよくできていると思います。

ストーン/ゴートゥーIPA

続きを読む

飲んだワイン シュロデール・エ・シレー/シャトー・キルヴァン2011 7点

セカンド・ワインの会で出てきたシャトー・キルヴァン

これは…ファースト・ワインですね。
どうやら主催者が間違えてファーストを買ってきてしまった模様。
むしろ美味しいからいいのですが。
メドック3級。

続きを読む

ビール 田沢湖ビール/ドラゴンハーブヴァイス(限定発売2019年4月18日~)

ネットで見て一目惚れして早速購入したのがドラゴンハーブヴァイスこと龍角散入りビール。

ネットでは既に売り切れで、有楽町にある秋田ふるさと館には置いてあると聞き電話で在庫確認の上、買いに行ってみました。

まだ在庫はあるようでしたが、スタッフ曰く「外国人、特に台湾人の方が6本単位で購入していく。台湾で龍角散は人気なのだろうか?」との事。

続きを読む

ビール エチゴビール/オールウェイズ ア ヴィット(限定醸造2019年3月14日~)

初めて見たビールなのですが、前回発売時に大人気だったらしいオールウェイズ ア ヴィット

Witはオランダ語で「白」そして英語で「機知」と二つの意味を込めたネーミングだそうです。

コリアンダーやジンジャーが入っていますが、スパイス感は強く感じられず非常にクリアな味わい。

エチゴビール/オールウェイズ ア ヴィット(限定醸造2019年3月14日~)

続きを読む

ビール エチゴビール/ピルスナー(新元号記念 令和ラベル)

いつものように友人のニュージー忍者から新しいビールの情報をいただいて早速フライング感のある令和ラベルのエチゴビールを購入。

中身は普通のピルスナーなので、ラベル映えのためだけに購入する感じでしょうか。

続きを読む

食べ歩き Far Yeast Tokyo Craft Beer & Bao 渋谷/ビアバー 7点

家の近くに最近実力を付けてきたクラフトビールで有名なFar Yeast(ファー・イースト)の直営店があると聞いて早速訪問してみました。


最近は海外でもビールの消費量が落ち、クラフトビールの消費量がどんどん上がってきているそうです。
日本でもプレミアム・ビールやクラフトビールの需要は上がってきている感じはします。
なお「Bao」とは台湾割包と言われる肉まんみたいな料理です。

続きを読む

ビール 玉村本店/India Miyama Lager (限定販売)

玉村本店の限定ビールで酒米を使用している為ホッピーながらもきりっとした味わいのIndia Miyama Lager

限定4,408本とロマネ・コンティよりも少ない生産本数
限定生産なので今この時しか飲めませんので、見かけたら即買いをお勧めします。

続きを読む

東京でワインが飲めるお店 ビストロ ビンゴ 渋谷/ビストロ 7点

家の近くをうろついている最中にビストロ ビンゴで生牡蠣200円/Pという最高の誘い文句を見てしまい思わず訪問。


他の日に寄ってみると、3P1,000円だったりと変動がある様子。
日本酒、ワイン飲み比べ3種類(赤or白)2,000円は通年のようです。

続きを読む

飲んだワイン ジェラルド・チェザーリ/アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ ボサン2007 8点

アマローネで有名なチェザーリ家のワインでうきうきワインの玉手箱の福袋で当たりました。


チェザーリ家の紋章にはワインづくりに賭ける思いが描かれており、騎士はチェザーリ家の人々、鷲は繁栄の守り神、碇は恒久性の象徴。
土壌の繁栄と収穫を待つ忍耐強さが、良いぶどうとワインを生み出すための鍵であることを示しています。

続きを読む

Page 1 of 55

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

error: Content is protected !!