私がうっかりワインを持ってこれなくて友人が用意してくれたワインがセラファン


2009でも全然若々しく、これからの熟成にかなり期待が持てるワインでした。
時間が経つとエレガントになるので、デキャンタージュかじっくり飲む事をお勧めします。

 

ワインデータ

ワイン名:Gevrey Chambertin
生産地:France > Bourgogne > Côte de Nuits > Gevrey Chambertin
生産者:Sérafin Père et Fils (セラファン・ペール・エ・フィス)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red wine

ワイナリー

このドメーヌは、元々は戦前にブルゴーニュに定住し、50%ほどの全房発酵と多くの新しいオーク樽使用を擁護していたクリスチャン・セラファンの父親、スタミラス・セラファン(ポーランド人の亡命者)によって始まりました。
彼は当初1947年に土地を購入し、ワイン・メーカーとして確立する前に石工として働いていました。
彼の息子クリスチャンは1988年にドメーヌを受け継ぎましたが、既に彼は過去20年間ワインを作っていました。

クリスチャン・セラファンは、近年大きな進歩を遂げており、米国でも熱心に取り組んでいます。
ブルゴーニュでも有数の最高のプロデューサーとなっているように、セラフィンの哲学の双子の峰は古いぶどうの木と低い収量です。
ぶどうは高い温度で発酵され、果物の色が濃くなります。
重要な事に、クリスチャンのワインはフィルタ処理されておらず、最近では新しいオークの量が増えています。
ジュヴレの村名ワインでさえ50%の新しいオークで熟成されています。
これらは、熟成された、濃厚で濃縮されたオークが溶け込んだワインです。

クリスチャンの考えでは、ブドウは完全に徐梗され、最も低いキュヴェを除いて新樽で成熟をしました。
特定の樽の原料となるトネリエの森を、与えられたブドウ園の性格と調和させるための多くの考えがあります。
彼は、ある人にとってはタランソー樽の優雅さを、他の人にとってはフランソワ・フレール樽の力強さが気に入ると考えています。

これは注目に値するタンニンを含む強力なワインになりますが、それはボトル内で10年以上経ってもフルーツとテロワールはそのままで現れます。
鍵となるのは、厳格な剪定と選別、それに続く両側の余分で未熟なブドウ房を落とすことと伐採を伴うブドウ畑作業です。
クリスチャン・セラファンは現在定年を過ぎていますが、ブドウ畑には姪がいて、セラーや事務所には娘がいて、継続性は整っています。

このワインは

ドメーヌの「若い」ぶどう(平均樹齢50年)と小区画から作られていますが、大部分はより重い土壌とより平らな場所にあります。

テイスティング

みずみずしいベリーの香り。
余韻に若干の苦味があるが、まだまだフレッシュで熟成できるということだろうか。
力強く飽きがこない。
エレガント。

飲んだ日:2016-06-19
飲んだ場所:バルデラコスタオラ
価格:12,400円
インポーター:ラックコーポレーション