酔いに酔いを重ねて最後にスペインバルバルデラコスタオラで飲んだのがアルバリン・ブランコ


スッキリして塩味もあるというのが友人談。
お値段もスッキリしており、手に入れやすいのもいいですね。
泥酔し過ぎて写真が一枚しかありませんでした。

 

ワインデータ

ワイン名:Albarin Blanco
生産地:Spain
生産者:Pardevalles (パルデバジェス)
品種:Albarín Blanco (アルバリン・ブランコ)
スタイル:White wine

ワイナリー

パルデバジェス・エステートは、1949年にラファエル・アロンソによって設立されました。
それは、ブドウ栽培とワイン造りに捧げられた何世代にもわたる家族の伝統に沿ったものです。
現時点では、2代目と3代目がエステートを運営しています。

エステートの哲学は、伝統と革新、そして良い仕事を組み合わせた、地球とその先住民の品種への深い敬意をもって、その起源の特徴とアイデンティティを表現するワインを作ることに基づいています。

エステートはティエラ・デ・レオンD.O.の後援者の1つです。
そこでは、先住民族の品種プリエト・ピクード種とアルバリン・ビアンコ種の開発が中心的な役割を果たしています。
サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路に近いレオンの村バルデビンブレにあり、昔からワインが作られていた百年前の洞窟で有名です。
今日ではエステートはワインを造るための近代的な設備と300年以上前の洞窟の状態を兼ね備えています。


エステートには固有の品種プリエト・ピクード種とアルバリン・ビアンコ種が植えられた38ヘクタールのブドウ園があります。
これらの畑では、最高品質のブドウを収穫するために精密なつる栽培が行われています。
ブドウ畑は日中の太陽の熱を吸収する、土中に丸みを帯びた石がたくさんある四次土壌に基づいています。
これは植物が夜間に低温に耐えるのを助け、ブドウの熟成を改善するのを助けます。

このワインは

アルバリン・ビアンコで100%作りました。
機械で夜間の収穫、48時間のコールドマセレーション。
さらに48時間、水分を取り除き、プレス、ラッキングします
150hLのステンレス製タンクで13℃の温度で発酵。

アルバリン・ビアンコ種が絶滅寸前だったので、パルデバジェスのテクニカルチームは、マイクロ・プロダクション・テストの結果を受けて、ブドウの開発を選択することを決定しました。

それはワイン作りにとって非常に快適かつて適合しており、ブドウは復活し始めました。
これはユニークで独特のワインを求める人のための素晴らしい発見です。


テイスティング

ワイン会も後半だったのでやや泥酔気味でしたが、最後に白に戻り爽やかに終幕。
さっぱりとした味わい。
酸味も程々にあり、魚介類に非常によく合う。

飲んだ日:2016-06-19
飲んだ場所:バルデラコスタオラ
価格:2,000円
インポーター:稲葉