• 日々お酒の事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインとビールの事や、食べ歩いたお店を書いていきます。増税前の値段の場合もありますのであしからず。

スポーツブランドのナイキの元役員が設立し、戦闘機F15イーグルのデザイナーなどを迎え入れているローグ


アメリカでの任務を終えたニュージー忍者のお土産です。
独自の酵母を使用したビールで、モルト感のしっかりしたビールでした。

近所のイオンリカーで税抜き370円だった…

ビアデータ

ビール名:DEAD GUY ALE
生産地:アメリカ
生産者:ROGUE
アルコール:6.8%
初期比重:
IBU(苦さ 平均15~20):40
モルト:2-Row, C15, Munich & Rogue Farms Dare and Risk
ホップ:Perle,Sterling
タイプ:マイボック・スタイル・エール
価格:500円(アメリカで2ドル程度だったとか)
インポーター:

ブリュワリー

ローグ・エールは、1988年に3人のナイキ社の役員ジャック・ジョイス、ロブ・ストラッセル、およびボブ・ウーデルによってオレゴン州アッシュランドで設立されました。

1987年ジャック・ジョイス、ボブ・ウーデル、オレゴン大学時代の親友ロブ・ストラッサーが、自家醸造家のジェフ・シュルツと仲良くなりました。
彼は「ビア・パブ」を始めることを考えました。

1988年6月リチア・クリークという非常に風光明媚な小川に沿って建設が始まりました。
10バレルの醸造システムは、60席のパブと一緒に設置されました。
最初のビールはアメリカン・アンバー・エール、オレゴン・ゴールデン・エール、シェイクスピア・スタウトでした。
ビール醸造所およびパブは1988年10月に適度な成功を収めてオープンし、すぐに、ジャックは事業を拡大しようとし始めました。
1989年2月上旬に、ジャックは別のローグ・パブ設立のための最適な場所を求めてニューポートに行こうとしました。
記録によれば恐ろしい異常な吹雪が発生し、ジャックはベイ・フロントで立ち往生していました。
彼はモハーベ・ネイミ(有名なモース・クラムチャウダーの創設者)と会うまで、通りを歩くことを余儀なくされました。


モハーベはジャックを彼女のレストランに連れて行き、彼に熱いクラムチャウダーを与え、そしてバーの上に住んでいるという彼女の夢と次のローグ・ブリュー・パブにぴったりの場所をどうやって見つけることができるかについて彼に話しました。
広い建物には、2階建てのフルタイム・アパート、セーター・ショップ、アート・ギャラリー、1,100平方フィートの空き店舗、そして800平方フィートのガレージがあり、アンティークカーを保管するのに使用されていました。
モハーベは2つの規定に基づき、空きスペースとガレージを格安でジャックに提供しました。
バスタブで裸になったモハーベ自身の写真がパブに永遠に表示されること(今日でもバーの左側にあります)、そしてローグは「漁師を養う」こと、つまりローグが地域社会に還元することを意味します。
この建物はフロント&ケース・ビルディングとして知られていました。

1989年2月ベイ・フロント・ブリュー・パブの建設が始まりました。
アッシュランドの地下室からニューポートのガレージに行くことで、世界へ一歩前進しました。
醸造システムと発酵タンクの配置を可能にするために、屋根に穴を開ける必要がありました。
店の正面も改装されました。
バック・バーはもともと古いエルク・タバーンからのものです。

1989年3月ジョン・マイエールがローグに加わりました。
ジョンは、ヒューズ社の戦闘機F15の元デザイナーであり、セイベル職業訓練学校を卒業した後、アラスカ・ブリューイングで経験を経てオレゴンに戻ります。
1989年5月にオープンしたパブは、小さいながらも熱心な顧客志向で、新しいもの好きな好奇心旺盛な地元の人々でにぎわいました。
必要に応じて、多くの人が建設やその他のプロジェクトに参加し、ローグ支援しました。
これらの初期の顧客の多くの名前は、今日バーを飾る真鍮プレート・タグで保存されています。
顧客の中で最も注目に値する1人はチャック・リンキストでした。
彼は引退した自家醸造家であり、マイクロ・ブリューに興味を持っていました。
彼はまた退屈していて何かいいことをしたいと思っていました。
ローグは彼を最初の従業員の一人と考えています。
彼の手仕事は、パブ、バーエリアに並ぶ棚、光の燭台、そしてチャックがヨーロッパから持ち帰ったモハーベの写真の上の棚の上の記念品にまだ見ることができます。

ローグは、ニューポートのサウス・ビーチで毎年開催されるサーフィン・イベント「ギャザリング・ロングボード・クラシック」をスポンサーしています。


2018年10月ローグ・エール&スピリッツで13年間社長であったブレット・ジョイスが年末に辞任すると発表されました。
2019年1月1日ダルマタムが社長に就任しました。

このビールは

独占利用のパックマン酵母を使用したドイツのマイボック風で、デッドガイは濃い蜂蜜色、麦芽のような香りと豊かでボリュームのある風味があります。

 

テイスティング

カラメル香
モルティーで濃くあり
苦味もあるがモルト由来の甘さしっかり


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!