ウィスク・イーがインポーターをしていましたが、そろそろ契約が切れて来年からはどうなるかわからないミッケラー

自分を一番に扱うインポーターでないと取引をしていないようです。
樽で飲みたい場合は渋谷のホテル街にミッケラー・トウキョウがあるので是非とも行ってみるべきです。

ミッケラー/1000IPA

ウィスク・イーはブリュードッグ推しなので気に食わないようです。
気位が高い。

日本のビールが苦味の国際単位IBU15前後だと思うとかなりの苦さを想像させます。

ミッケラー/1000IPA ミッケラー/1000IPA

ブリュワリー

2006年数学と物理学の教師だったミッケル・ボルグ・ビジェルソ(Mikkel Borg Bjergsø:読みが間違っていたら教えて下さい)はコペンハーゲンのキッチンでホップ、麦芽、酵母に関して実験し始めました。
今日、ミッケル・ボルグ・ビジェルソは、醸造されたビールを40カ国に輸出し、世界で最も革新的で最先端の醸造会社の1つとして国際的に評価されています。

彼らの目標
良いビールのコンセプトに挑戦し、人々を動かすビールを生み出す。
最高の食材を使用してこれを行い、世界中の最も才能のある創造的な心で働きます。
質の高いビールは美味しい料理を食べるときにワインとシャンパンの真の代替品となります。

彼らも失敗する
まずは落ち着く。
彼らは常に新しい方法やアイデアを考えており、常に次のプロジェクトに取り組んでいます。
時には人々が彼らに追いつくのは難しい程です。

失敗して水っぽい味のないビールを作る事も。
苦い、辛い、酸っぱい、フルーティーな様式のビール作りに挑戦しています。

彼らは愛しています
入手可能な最高の原料を使用して既存のビールのジャンルを探索する。
洗練された製品は、コストを考えていません。
これは、ミッケラーの非常に特殊な醸造所につながります。
ベトナムのコピ・ルアック・コーヒー、チポトレ(燻製にした唐辛子を原材料とする香辛料。メキシコ料理やテクス・メクス料理で使用される。)、ライチなどがあります。

世界中の他の醸造所と協力して、私たちを鼓舞し、新しいやり方を教えてくれています。

彼らが嫌いな事は
色々と気が付かない人と仕事をする事。
ビールの世界にはすごく情熱的で正直な人がたくさんいますが、そうでない人と過ごす時間はありません。

ミッケラー/1000IPA

このビールは

ビールは苦いほうがお好き?
貴方の口腔内を刺激しうるテクニックを使ったビールを発見する労力にうんざりしていますか?
強い刺激を求める全てのホップ大好き野郎を満足させるために1000 IPAが醸造され、これ以上のモノは今のところ他では発見できません。

BREW SHEET

国:ベルギー(醸造国)
アルコール:9.6%
初期比重:
IBU(苦さ 平均15~20):1,000
モルト:
ホップ:
タイプ:インペリアルIPA
価格:1,200円
インポーター:ウイスク・イー

ミッケラー/1000IPA ミッケラー/1000IPA

テイスティング

濃い赤褐色。
オリが舞う程酵母が全開で働いているビール。
注いだ瞬間からホップの香りが凄い。
飲んだら痺れそうなアジアンスパイスの香り。
苦味が凄いのかと思いきや、アルコールの強さが前面に出ており、苦味はそれほど感じない。