ロブションコラボのエビスかと思いましたら新製品「薫るルージュ」だったようで早速購入。

周りの皆様も結構購入しているようですが、購入者全員が美味しいと言っている程の逸品です。
確かに美味しいので私もまた箱買いしたいと考えております。

 

 

ブリュワリー

1887年サッポロビールの前身「日本麦酒醸造会社」設立。
1889年目黒村三田(現在の東京都目黒区三田)に、レンガ造り3階建てのモダンな醸造場が完成。
当時、周囲には田園風景が広がっており、日本鉄道(現JR山手線)の列車が走行していた。
1980年第3回内国勧業博覧会で「恵比寿ビール」は最良好の評価を受ける。
1892年のちにビール王と称される馬越恭平が社長になってから、「恵比寿ビール」は急速に成長。
馬越は宣伝を重視し、その先頭に立って尽力した。
ハッピ姿で初荷を仕立て、正月の名物行事に仕立て上げるなど、馬越の活躍により「恵比寿ビール」が東京を代表するビールとなった。
1893年「日本麦酒株式会社」に社名変更。
この頃、恵比寿ビールの偽商標現れ告訴。
1894年恵比寿ビール発売。
1895年日清戦争の好景気で「恵比寿ビール」の売れ行きが増加。
資本金を増やし、工場拡大のため、用地買収に乗り出す。
のちに、目黒村と渋谷村(現渋谷区恵比寿)に合計3万坪強の土地を所有。
1899年新橋際(現銀座8丁目)に「恵比寿ビヤホール」を開設。
1900年「恵比寿ビール」、パリ万博で金賞を受賞。
1901年「恵比寿停車場」という恵比寿の名が付いた停車場ができる。
最初は、貨物専用駅として「恵比寿ビール」をここから各地へと出荷。1906年に旅客の取り扱いを開始し、一般の人が恵比寿駅を利用し始めた。
1904年「恵比寿ビール」米国セントルイス万博にてグランプリ受賞。
1906年日本麦酒、札幌麦酒、大阪麦酒3社が合併、「大日本麦酒株式会社」創立。
1908年今後のビール需要を狙い、目黒工場、大規模な拡張工事を実施。
1923年関東大震災、目黒工場の被害は軽微で済んだ。
1943年ビールが配給品となり、ビールの全商標は一旦名を消す。
1945年東京大空襲で目黒工場罹災。仕込設備などに被害が及ぶ。
1946年目黒工場、製造再開。
1949年大日本麦酒株式会社が分割され、「日本麦酒株式会社」設立。
1964年「サッポロビール株式会社」に社名変更。
1971年目黒工場を恵比寿工場と改称する。
1985年「ビヤステーション恵比寿」誕生。
中でヱビスが飲める青いビヤ列車が人気に。
1994年恵比寿工場跡地に恵比寿ガーデンプレイス、オープン。

このビールは

まるで赤ワインを想わせるように、甘く芳醇な薫りが幾重にも織り成しながら、ヱビスらしい麦芽100%のコクと上品な味わいをベースにした「ヱビス 薫るルージュ」。
初めて皆さんにお届けする、限定醸造のヱビスです。
香ばしく芳醇な薫りや美しい赤い色合いを生み出しているのは、麦芽を焙煎する度合いを強めたカラメル麦芽を配合したことによるもの。
さらに、ホップにはモザイクホップも使用することで、甘い薫りを引き立てています。
クリスマスをはじめとする、パーティーなどの華やかなシーンほどふさわしい「ヱビス 薫るルージュ」。
ワインのようにグラスに注ぎ、甘くフルーティーな香りを楽しみながら、特別なひと時をお楽しみください。

BREW SHEET

国:日本
アルコール:6.0%
初期比重:
IBU(苦さ 平均15~20):
モルト:
ホップ:モザイク
タイプ:ラガー
価格:200円

 

テイスティング

濃い飴色。
泡はそれほど強くない。
IPAのような強いホップ感
しかし海外のIPAビールよりもきめ細やかで上品に感じます。
ここら辺が日本の職人さんの腕の見せ所なんでしょうか。
コクもある程度あり、一口目以降も美味しい