本数限定で季節ごとに販売している玉村本店のクラフトビールKASUMI IPA for 仙人

店で見つけたら買わなければならないリストの上位に来るビールを購入してみました。

玉村本店スタッフが結婚した際の祝いのビール。

玉村本店/KASUMI IPA for 仙人

ブリュワリー

清酒『縁喜』の酒蔵は、北信州は志賀高原の麓にございます。
初代喜惣治が、この地に創業したのが文化ニ年(1805年)、屋号の玉村は、初代が酒造りの修行をした上州玉村(現在の群馬県佐波郡玉村町)にちなんだものです。
山紫水明なこの地の清冽な水、清澄な空気、寒冷な気温の中で醸し出された酒は、約210年余の長きに亘り、多くの方々に愛され、育てていただいてまいりました。

玉村本店/KASUMI IPA for 仙人

今でこそ、スキーヤーのメッカとして全国に有名な志賀高原も、その昔は松代藩に属した未開の地であり、御用係として奥山林の調査を命ぜられた佐久間象山が、「星の井(当時の銘柄名)」の酒九樽を、氏神様(天川神社)に献上して無事を祈った程でした。
その後、旧草津街道として旅人の往来も増え湯治場(湯田中・渋温泉郷)のお酒としても親しまれて参りました。
明治40年には、明治天皇御用品として宮内省お買い上げを賜り、その後大正天皇御大典を機に、銘柄を「星の井」から当主喜惣治の名にちなんで「縁喜」に改めました。
また、当家では、新嘗祭の献上米を大正14年に御共進した実績があり、現在はその水田で収穫された美山錦が酒造りに使用されています。

これからも、均質化のすすむ地方の、万人受けする酒ではなく、個性ある田舎の、個性ある酒を、丹念に適正規模つくり、目の届く範囲で、責任をもってお届けしたいと思います。
小さくても、味は全国トップの水準を目指し、この酒を飲むためにもここに来たいと思っていただける酒をつくることによって、地域の魅力向上に貢献して参りたいと思います。

玉村本店/KASUMI IPA for 仙人

このビールは

新作、KASUMI (IPA for 仙人)、発売です!
実は、われらが “仙人” が、この度、めでたく結婚式を挙ることに。
というわけで、このビールは、”仙人” の結婚を祝う、ヘイジーなセッションIPA。
仙人だし、ヘイジーだから 霞(かすみ)というわけ。
4.5%、IBU19。
ぼくらのビールの中では、いままでで1番くらいに度数は低いのですが、英国のゴールデン・プロミスというモルト100%使用で、水っぽさ、物足りなさは感じません。
苦味はかなり抑えめですが、ジューシーさとホップの香りはばっちりで、ごくごくいけます。
俗世界での暮らしを選んだ男の明るい未来と、「霞(かすみ)を食っても生きていける」 のを忘れないリラックスした人生を祈ってます!

限定3,621本
アルコール度数 : 4.5%
ビアスタイル : セッションIPA

スタッフをお祝いするときに作成したビールの様です。

BREW SHEET

アルコール:4.5%
初期比重:
IBU(苦さ 平均15~20):19
モルト:
ホップ:
タイプ:セッションIPA
価格:500円

玉村本店/KASUMI IPA for 仙人

テイスティング
明るい濁った黄土色。
グレープフルーツ、ホップのエッジが効いた鋭い香り。
苦み。
さっぱりしている。