割と安価なワイン福袋などで「グランクリュ入っています」の言葉で購入すると大抵入っているカミュ・ペール・エ・フィス

ネットでも全体的な評価はあまり高くなく、要らない子みたいな可哀そうな扱いなのですが、値段に比例してそれなりに美味しい。
やや薄味ですが、グラン・クリュ入門編としては優秀だと思います。
その中でも最高峰のシャンベルタンを飲んでみました。

すみません、意味もなく出しました。
そういやカミュってゴールドセイントの中でも割と知名度低めですよね。
ノリピー語話す蟹座がインパクト強すぎて

ワインデータ

ワイン名:Chambertin Grand Cru
生産地:France > Bourgogne > Côte de Nuits > Gevrey Chambertin
生産者:Dom. Camus Père et Fils (ドメーヌ・カミュ・ペール・エ・フィス)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red wine

ワイナリー

公式HPが見つからず。

ジュヴレ・シャンベルタンの大規模なブドウ畑の所有者として、ヒューバート・カミュは知られています。
カミュ一族は、1832年以来ジュヴレ・シャンベルタンでワインを生産しています。
ドメーヌは18ヘクタール(2/3がグラン・クリュです)です。


カミュはブルゴーニュで最も尊敬されているワインメーカーの一人です。
彼はブルゴーニュのすべてのワインの品質基準を保証するために、フランス政府とワインメーカーとの協力に多くの時間と労力を費やしました。

1937年に生まれ、ヒューバートは兵役を終えた後、ドメーヌでの仕事が不眠不休で始まった。
彼は1974年に父から引き継いBIVB(ブルゴーニュワイン委員会:選挙によって選出された委員によって運営され、戦略的方針を決定するため、ワインの2系統の業種であるぶどう栽培醸造家とネゴシアンを取りまとめています。300のネゴシアン企業と17の協同組合、3,949のワインのドメーヌがBIVBのメンバーです。)の創設社長であり、3回目の社長になるでしょう。


ヒューバート・カミュは、先祖から受け継がれてきた古い方法を適用しています。
手で摘み取ること、伝統的な醸造、14-18ヶ月間の「オーク樽」での熟成です。
ワインはろ過されていません。
このようにして作られたグランクリュにはしばしば澱(おり)があります。
これにより、これらのワインには風味やセラー独特の味わいが追加されます。

テイスティング

ベリー、花の香り。
果実味を凝縮させる作り方はしていないと本人たちも言っているようにリッチさは無いが、ピノ・ノワールとしてはエレガントで美味しい。
酸は程々でバランスが良い。
値段相応ではあるが、ある程度の味わいもあって美味しいと思います。

飲んだ日:2017-11-19
飲んだ場所:ニュージープラットフォーム
買った日:2017
買った場所:うきうきワインの玉手箱
価格:13,000円
インポーター:ジャルックス