数量限定のレア・ワインと聞いて早速飲んでみましたジュリエット リースリング

信濃屋に数本入っていました。
お値段が安くてやや甘口の飲みやすいワインで、これからの季節には非常に良さそう。

ワインデータ

ワイン名:Juliet Riesling
生産地:New Zealand > South Island > Marlborough
生産者:Two Rivers of Marlborough (トゥー・リヴァース・オブ・マールボロ)
品種:Riesling (リースリング)
スタイル:White Wine

ワイナリー

彼らの使命は、マールボロの強い果実味を活かしながら、純度と場所の特徴を持った上品なワインを生み出すことです。
彼らのブドウは、マールボロのサザンバレー地区にある高密度に植えられたブルックビー・ヒルのブドウ園の粘土質の土壌で育ちます。
マールボロの2つの主要な渓谷にあるいくつかの重要な場所と一緒に。

ワイン作りのテクニックには、自然発酵、コンクリート製の卵型タンクで熟成させること、大きなオーク樽、フレンチオーク樽と粘土製のアンフォラ、さらに精巧さと質感を保つために未精製および未濾過の瓶詰めワインがあります。

マールボロで育ったデビッド・クラウストンは、彼の家族が5代にわたって暮らしてきたワイラウとアワテレの川の谷で若い頃を過ごしました。
精力的で才能のある、世界中で25以上のヴィンテージで苦労して学んだ経験は、トゥー・リヴァースの原動力です。

アメリカ、チリ、スペイン、フランス、コルシカのように多様な国の光景、味、香りに身を浸した後、故郷で感動的なワインを作りたいというデビッドの欲求が実現し、トゥー・リヴァーズのワインが生まれました。

このワインは

サザンバレーにあるブルックビー・ヒルのブドウ畑から供給された、このワインのためのブドウは味の複雑さを最大にするために複数回手摘みで収穫されました。
ブドウを軽く丸ごと圧搾し、ジュースを低温で発酵させて品種の特徴を保持しました。
甘さと酸味のバランスがとれたところで発酵を止めました。
それからワインは4ヵ月間酵母の粕に乗って旨味を増しました。
このワインの酸味、味わい、ミネラルは調和的に相互作用を起こします。

テイスティング

ドライアプリコットや熟れた柑橘の香り。
トロッと粘性高く蜂蜜やリンゴの蜜のような芳醇さとレモンのような酸。
甘さもあるが心地よい酸もしっかりとあるので飲みやすい。
想像より甘さしっかりな印象だが中甘のワインを求める時には面白い一本だと思う。
信濃屋で数量限定入荷だが売れ行きがいまいちとか。

飲んだ日:2019-06-28
飲んだ場所:忍者屋敷
買った日:2019-06-25
買った場所:信濃屋
価格:2,100円
インポーター:サザンクロス