最高にワインを楽しく飲めるダ マサで飲ませていただきましたドメーヌ・アルロー

私のお祝い年、結婚記念年のワインを友人が持ってきてくれました。
色々な作り手が「コンボット」という名前のワインを出しておりますが、その意味は後述します。
昔はLesコンボットでしたが、現在はAuxコンボット。

「aux=à+Les」なので名前としてはさほど変わっていないとも言えます。
残念ながらややブショネであり、本来の味は未確定でしたが十分美味しく飲めました。

ドメーヌ・アルロー/ジュヴレ・シャンベルタン レ・コンボット1976

 

ワイン名:Gevrey Chambertin Les Combottes ジュヴレ・シャンベルタン レ・コンボット
生産地:France > Bourgogne > Côte de Nuits > Gevrey Chambertin
生産者:Dom. Arlaud (ドメーヌ・アルロー)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red wine

ワイナリー
ドメーヌ・アルローは1942年にアルディッシュのジョセフ・アルローとブルゴーニュのワイン文化に根ざした家庭のレニー・アミオとの結婚により創設されました。
花嫁の持参金は優れたブドウ園の小地区で、ジョセフは1949年から賢明な買収によってブドウ畑を拡張しました。
1966年に、彼らは14世紀の歴史的建造物を取得し、そこでワインを熟成させ、そのセラーはワインラベルに表示されています。
彼らの息子ヘルヴェは1983年にドメーヌ・アルロー就任し、妻ブリジッテと共にブドウ園を増やし続け、彼らの子供たちも徐々に仕事に加わり、2004年から2012年まで一緒に働きました。
2003年家族はモレ・サン・ドニの新しく近代的な施設、ニュイ・サン・ジョルジュの中心部に位置する14世紀のセラーは、エステートのワインライブラリーや特別なテイスティングに使用されており、3世代にわたるブルゴーニュのおもてなしを祝うには本格的でユニークな場所です。
2013年シプリアン・アルローは、ワイナリーの管理を完全に任され、ブドウ園をそれまでに15ヘクタールにまで拡大し、19の別々のアペラシオンで構成される4つの壮大な畑であるクロ・ド・ラ・ロッシュ、クロ・サン・ドニ・シャルム・シャンベルタン、ボンヌ・マールを取り扱っています。

ワイナリーでは、ブルゴーニュ地方の「現代の農業」が、環境全体と多くの別々のテロワールから生産されたワインの独自性の両方に悪影響を及ぼしていたという事を認識することができました。
この兆候は1200年の早い時期にシトー会修道士によって確認、認識され、その後数世紀にわたって慎重に考えられてきました。
1998年ワイナリーは土壌水を汚染し、土壌の生命に影響を及ぼしていた除草剤の使用を中止し、ブドウ園での他のすべての化学処理の使用は大幅に削減されました。
2004年以来15ヘクタールの全ての畑は農薬はなく、合成肥料もない有機原則に従って栽培されています。
2007年このアプローチを形式化するために、会社は有名組織ヴェリタスによって2010年に授与されたオーガニック・ラベルを取得するために必要なプロセスを開始しました。
2009年に採択された次の決定は、完全に生物力学になることでした。この方法論では、簡単な処理(天然肥料、ケイ酸塩、堆肥、ハーブの注入)が必要です。これらの時間は、土壌の生命を活性化させ、最終的にはブドウ畑で最高のバランスを見つけ、テロワールを完全に表現したワインを生産することができます。
2014年ドメーヌは、モディオ・サン・ドニのバイオディバンによるバイオダイナミック認証を取得しました。

ドメーヌ・アルロー/ジュヴレ・シャンベルタン レ・コンボット1976

現代のブドウ栽培方法のもう一つの否定的な原因は、土壌の圧縮でした。
この現象は機械化、特に長時間にわたるトラクターおよび他の重機の連続使用に関連しています。
これはブルゴーニュの共通の問題であり、土壌浸食、根の発育の制限、および一般的な土壌の寿命の低下をもたらします。
しっかりと詰まった土の中で、あらゆる生き方が繁栄することは単純に考えて不可能です。
2004年、ドメーヌは、耕作のために馬の使用という原点回帰を行い、これらの問題に取り組み始めました。
エルベの娘ベルティレは、このコミットメントを実行するために特別な訓練を受け、現在は彼女の2頭の馬、ヌガットとオカを使用して、ワイナリーの1erとグラン・クリュのすべての畑を耕し、これら5ヘクタールのぶどうは手で剪定されています。
ぶどう畑への迅速な調査でもこれらの利点が明らかになってきており、土は元気になりました。
その土は素晴らしく、ぶどうの木が繁栄し、彼らが生み出すワインは、ワイナリー独特のてロワールを完全に表現しています。

新しい施設は畑からプレスまでブドウの完全性を保つために慎重に設計されました。
各ヴィンテージ特有の特性を考慮して、最高のワイン製造工程を選択する柔軟性があります。
目標はバランスとエレガンスのために重い抽出を最小限に抑えることです。
ぶどうは、ぶどう畑で最初に選択された後、ワイナリーでさらに3回選別され、徐梗するが粉砕はしません。
2008年以来複数のキュヴェには全房の一部が含まれていました。
浸出後、発酵は自然に開始され、少なくとも20日間行い、重力に頼ってワイン製造プロセス全体を通してポンピングが最小限に抑えられます。
発酵期間中、キャップはめったに穿孔されません。
プレス後、フリーランジュース(破砕時に果粒から自然に流れ出た果汁)はプレスワインとは別に熟成されます。
二酸化硫黄の使用が最小限に抑えられ、他の植物産物は加えられておらず、各ワインの真正性が保証されています。

ワインが樽で十分に熟成すると、ステンレス・スチール製のタンクに移され、4〜5週間静置されます。
赤ワインはすべて清澄やろ過なしで瓶詰めされています。
ボトリングは重力によって行われ、ワインの圧力を最小限に抑えるために特別な装置を使用します。
汚れの可能性を最小限に抑えるため、コルクに複数の機械的試験を行います。
それらはさらに検査され、グラン・クリュは手で選別されます。
完璧な明瞭さと理想的な香りを確実にするために、月の位相に従ってボトリングが行われます。

このワインは
コンボットは小さな櫛のように波打つうねりがあり、名前は土地のうねりに由来しています。
土壌は鉄酸化物のために赤く、岩盤は平らになった岩石の表面からわずか数センチメートルしかなく、たびたび水の流れに押し流されます。
1erクリュ・オー・コンボットは、北にラトリシエール・シャンベルタン、南にクロ・ド・ラ・ロッシュ、東にシャルムシャンベルタンに囲まれています。

ドメーヌ・アルロー/ジュヴレ・シャンベルタン レ・コンボット1976

テイスティング
残念ながら濁りが見られ、わずかにブショネでした。
しかしながら偉大なグラン・クリュに囲まれるこの畑の底力は感じられ、結局飲み切りました。
ピノ・ノワールらしい赤い果実の妖艶な香りとダシ系の熟成した香り。
酸は落ち着いてほぼ感じられず。

ベストな状態も体験してみたいですが、これはこれで美味しくいただきました。

飲んだ日:2018-07-20
飲んだ場所:ダ マサ
インポーター:ヴァンシュールヴァン