日本では入荷と共に売り切れとなる大人気のジャンテ・パンショ


いつかグラン・クリュを色々飲んでみたいと思いつつも一番手頃なレンジのものを購入してみました。
エレガントな味わいを想像しておりましたが、想像以上に荒々しさを感じて良い意味で予想を覆されました。
もっと高いレンジのワインは美味しいのではないでしょうか。
一度は飲んでみたいものです。

 

ワインデータ

ワイン名:Bourgogne Hautes Côtes de Nuits Rouge
生産地:France > Bourgogne > Côte de Nuits
生産者:Geantet Pansiot (Emilie Geantet) (ジャンテ・パンショ (エミリー・ジョバンテ))
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red wine

ワイナリー

ワイナリーの公式HPは無い様です。
ブルゴーニュのドメーヌ・ジャンテ・パンショは現在、彼の家族の3代目であるヴァンサン・ジャンテによって運営されていますが、ブドウ畑やワイナリーの建物も、相続法の新たな施行により結果として変わりました。
息子のファビアンが12歳の時から父と一緒に働いていた間、彼の娘エミリーは彼女自身の伝統を確立し続けています。
エドモンド・ジャンテは1955年にドメーヌ名義のボトリングを始めました。
ヴァンサンは1977年に父親と共に働き始め、1989年に当主となりました。


ブドウ畑は、除草剤なしで、たった1つか2つの抗病化学薬品だけで、リュット・レゾネ(減農薬栽培)に従って運営されています。
ブドウは3つの選果で分けられており、最後の選果は徐梗後にブドウごとに行われます。
粉砕していない果実を10日間10℃に冷却し、次いで発酵を開始するために22℃に温める。
タンクは1回パンチ・ダウン、1日に1回汲み上げられます。
ブドウは軽くプレスされ、すべてのジュースは1週間静置されるため、プレスされた皮から出てくる最後の糖分により発酵を終了できます。
その後、ワインは15ヶ月間樽で熟成されます。
ブルゴーニュ・ルージュからシャルム・シャンベルタンまで、すべてのキュヴェに30%の新樽が使用されています。


ジャンテは現在12haの土地を利用していますが、そのほとんどは農業契約です。
この半分は村名ジュヴレ・シャンベルタンで、さらに3haが地方名です。
2007年にはラドワの小さなキュヴェが追加されました。

テイスティング

直前に飲んでいたのがシャンボール・ミュジニーばかりだったので、パワフルさが引き立ちました。
ベリー、チェリー、ハーブの香り。
結構力強く、もう少し熟成してからの方が荒々しさが消えていいかもしれません。

飲んだ日:2016-04-01
飲んだ場所:酒嗜 ふる川
買った日:2016
価格:5,500円
インポーター:エノテカ