HPには書いては無かったのですが2018年にアリル・ワインズは売却されたようで、現地価格125ドルよりもはるかに安い価格で日本に入ってきたようです。


売却してしまったのが惜しいと思える美味しさのワイン。
まだネットでは購入できるようなので、今の価格ならば飲んでみることをお勧めします。

 

ワインデータ

ワイン名:Estate Cabernet Sauvignon
生産地:USA > California > Napa
生産者:Aril Wines (アリル・ワインズ)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン)
スタイル:Red wine

ワイナリー

アリル・ワインの歴史はラブ・ストーリーです。
ナパ・バレーの上に広がる美しい小さなブドウ畑についてのラブ・ストーリー。
そして人生を変えたワインについてのラブ・ストーリー。
ジョアンヌとハーモンは、コロラド州のテルライドで人気のレストランを経営していたところで出会い、彼女はテルライド財団に深く関わっていました。
彼らは食べ物とワイン、そしてそれから他の多くのことについて話し始めました。
ロマンスとして始まったこの出会いは、強いパートナーシップと夢へと成長しました。
ハーモンはナパでワイナリーを経営していました、そしてジョアンヌはローヌとプロヴァンスの古典的なシラーを愛していました…それらのワインはフランス王によって楽しまれていました。


夢はナパ・バレーの上の丘の中の小さな土地から、最高級のシラーのつるのほんの少しのブロックまで、現実のものとなりました。
ワイナリーの象徴として、ジョアンは庭に植えたザクロの木を選びました。
アリルは、ザクロの種子を覆い隠す真っ赤な仮種皮で、ジョアンヌがシラーズの中で見つけた色です。

ワインとは製品ではなく、ブドウから瓶までの旅、そしてそれぞれの旅は友人や愛する人と一緒に楽しめるユニークな体験です。
アリルは彼らの情熱であり、彼らはそれを世界と共有することを嬉しく思います。

このワインは

カベルネ・ソーヴィニヨン92%、プティ・ヴェルド8%。
畑はカリストガ北部、ソノマからの冷たい風が吹き込みナパ・ヴァレーの中でも日較差が大きく長い成熟期間を保つ。
オーガニック栽培。
20%仏産樽醗酵・熟成、80%ステンレス醗酵後、仏産樽24か月間熟成(新樽70%)。


テイスティング

この9月から日本に入ってくる様になり、信濃屋でセールしてたので買ってみました。
パワフルな果実味。
タンニンはこなれ、程よい酸とジューシーさ。
チョコレートやココア、スパイスの印象もある。
アメリカのカベルネはお肉との相性抜群!

飲んだ日:2018-10-26
飲んだ場所:ラ・ブォナ・ヴィータ
買った日:2018
買った場所:信濃屋
価格:6,900円(税抜き)
インポーター:中川ワイン