メキシカン・ワインを飲む機会は中々無いのですが、気の利いたメキシコ料理屋ではカーサ・マデロが置いてあることがあります。

暑い国だからかシャバシャバしたワインという感じが赤も白も多い気がします。

ワインデータ

ワイン名:Cabernet Sauvignon
生産地:Mexico > Coahuila
生産者:Casa Madero (カーサ・マデロ)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン)
スタイル:Red wine

ワイナリー

1568年フレイ・ペドロ・デ・エスピナレーダとフランシスコ・カーノがパトスとピレネー山脈の渓谷を探索します。
スペインの征服者が金を求めて現在のコアウイラ州を探し、ザカテカスを去った時から伝統は始まりました。
そして、砂漠の真ん中で彼らは金を発見できませんでしたが、泉と野生のブドウの木の莫大な宝を発見しました。

1594年イエズス会のジェロニモ・ラミレス、フランシスコ・デ・アリスタ、フアン・アグスティン・デ・エスピノサは、泉と野生のブドウの発見に惹かれパラス渓谷に到着しました。
この発見は彼らにサンタマリア・デラス・パラスの使命を確立させる動機を与え、そしてこれらの地元のブドウ園からのブドウで、彼らはこの地域の最初のワインを生産しました。

1595年最初の入植者の一人、ドン・ロレンツォ・ガルシアは、この渓谷によってもたらされた恩恵を認め、先住民と平和を築くことに成功し、別の泉を探し北へ8キロメートル移動しました。
すでにその場所に住んでいた彼は、スペイン王のフィリップ2世に交付金または土地交付金を要求しました。

1597年ヌエバ・ビスカヤ総督、ディエゴ・フェルナンデス・デ・ベラスコは、1597年8月19日付けのフェリペ2世によって承認された慈悲を表し、ワインとブランデーを生産するためにブドウの木を植えることを目的としました。
現在はカーサ・マデロとして知られているロレンツォに、その日付を証明する文書が保管されています。
その日に買収された商品名は「ボデガス・サン・ロレンツォ」でした。
この文書は、ボデガス・デ・サン・ロレンツォがアメリカ大陸全体で最も古いワインセラーであることを証明しています。
このワイナリーは創業当時から現在に至るまで絶えることなく操業を続けています。

1628年6月には、ロレンツォ・ガルシアの相続人がルイ・ヘルナンデス・エスクデロにハシエンダ・デ・サン・ロレンツォを売却しました。

1674年ハシエンダは、主にサカテカス北方の彼のハシエンダに住むスペイン人キャプテン・ドン・ファンデオリデンによって取得されました。
ハシエンダ・サン・ロレンツォは、18世紀前半の大半をオリデン大尉とその子孫所有されており、その名前はその世紀の教区の記録にあります。

1699年スペイン王は教会の使用を除いてワイン生産の禁止を宣言しました。
今日のカサ・マデロの本拠地であるハシエンダを含む地域でワイン生産が継続しているという十分な証拠があるので、この命令は完全にパラス渓谷では実施されませんでした。
教会は宗教儀式のためのワインの主要な買い手の1つでした。

1705年ジュアン・デ・ミランダがハシエンダ・サン・ロレンツォを買収。

1755年ドン・ジュアン・デ・ラサガがハシエンダ・サン・ロレンツォを購入します。

1811年モンクロバからメキシコ独立指導者イダルゴ神父と他の反乱者たちがチワワに移動した3月の最後の週、1815年までドン・ジュアン・デ・ラサガが所有するハシエンダ・サン・ロレンツォで一晩過ごしました。
1821年ドン・マヌエル・デ・イバラとドン・マヌエル・デ・ラレアがハシエンダサンロレンツォを購入し、ラレアの妻イザベル・ゴリバル・デラ・フエンテ夫人との子供たちが生まれました。
1859年ドン・マヌエル・デ・ラレアと彼の妻イザベル・ゴリバルが亡くなります。
イザベル・ゴリバルの娘であるルイーサは、ハシエンダ・サン・ロレンツォの50%を彼女の夫のドン・レオナルド・スロアガと相続し、残りの50%はルイーサの兄弟であるマヌエルから購入しました。

1893年4月12日マデロ家の祖父であり、フランシスコ・マデロ大統領の祖父であったエヴァリスト・マデロ氏は、フランスのサンロレンツォ・メキシコを介して、ハシエンダ・デ・サン・ロレンツォをレオナルド・スロアガの未亡人のルイーサから50万フランで購入。
施設を近代化した後、彼はヨーロッパで彼の子供たちと孫たちにブドウの栽培とワインとブランデーの生産を訓練します。
この時点で、同社はカーサ・マデロの商品名を取得しています。

1902年エヴァリスト・マデロは、コアウイラ州Pパラスに住む貧困層を保護、医療や無料教育を提供する非営利の慈善団体、キンタ・マヌエリタの本拠地を設立しました。
1911年エヴァリスト・マデロが亡くなったとき、施設に加えて彼は金で10万ペソという遺産を残しました。
1912年以来、ラテンアメリカで60以上のファミリーを運営している組織である、カーサ・マデロからの直接の支援によって1980年代半ばの切り下げが行われました。

1973年ノートルダム大学の化学エンジニアでマデロ家系の第4代のメンバーであったホセ・ミルモ・ガルザが、最高水準の品質、前衛的、そしてビジョンを持ってワイナリーの経営を始めました。

1980年代カーサ・マデロはブランコ・マデロ、レセルバ・デラ・カーサ、マデロ・ブランデー、マデロXXXXXのような蒸留飲料の生産ブームを経験していました。
これは、サン・ロレンツォ・ワインと一部のリザーブ・ラインの生産でも続いています。

1989年ホセ・ミルモIng.が率いる総局の指揮により、最初のワイン・サンプルが国際大会に送られ、そこでメキシコを代表するカーサ・マデロが2つの大会で世界メダルを受賞しました。
イギリスのロンドンで開催されたモンド・セレクションで3回のメダルを獲得 受賞しました。

1997年カーサ・マデロ財団の400周年を迎えました。
カーサ・グランデ・カベルネ・ソーヴィニヨンの最初の収穫は、オーストラリアのアデレード大学と一緒に様々なクローンの植え付けとブドウ畑での技術の管理を始めた1年後にリリースされ、シラーズのブドウが際立っている様々な品種を広め始めました。

1999年カサマデロの輸出が27カ国に拡大し、そのうちUK、オランダ、スイス、ドイツ、デンマーク、日本、そしてアメリカがメインでした。
生産の約90%が輸出されたため、グラン・レゼルバ・ワイン・ラインはメキシコのみで販売されています。

2001年Cカーサ・グランデ・シラーズの最初の収穫が発表され、それはワイナリーのプレミアム・ラインとして24ヶ月の樽熟成を行いました。
シラーズのブドウは短期間で多数の認識が得られたおかげで、パラス渓谷の象徴的な品種となりました。
カーサ・マデロがその最高品質のワインで知られるようになったブリュッセル世界大会2003の金メダルを受賞ししました。

2003年カーサ・マデロは訪問者や友人のためにハシエンダ・サン・ロレンツォの扉を開きました。
特別なグループのクライアント、ディストリビューター、ホテル経営者、レストラン、そして特別なイベントで、週に1回開放し、その歴史的な廊下を歩きながら、カーサ・マデロでワイン製造とブドウ栽培のプロセスについて学べます。
世界的に有名なワインを楽しめるワイナリーとなりました。

2006年グラン・レセルバ・シャルドネがヴィニタリーでグランド・ゴールドメダルを受賞しました。

2007年カーサ・マデロ3Vの最初の収穫が発表されました。
これは特にメキシコの航空会社のプライベート・ブランドとして作られたレゼルバ・カテゴリーのワインです。
このワインは航空会社のエグゼクティブ・クラスのフライト専用に提供され、その後その高品質、味わい、そして革新的なイメージにより歴史上最も成功したメキシコ・ワインの1つとなりました。
このワインは未だにレストラン、ショップやイベントで最も切望されているワインの1つです。
カベルネソーヴィニヨン、メルロー、テンプラニーロ…3Vは3つのブドウ品種を組み合わせ樽で12ヶ月熟成します。

2009年3Vの成功の後、カーサマデロ2V、Vロザートが発表されました。
シャルドネとシュナン・ブラン…2Vは2種類のブドウ品種のワインです。
Vロザートはカベルネ・ソーヴィニヨンで100%作られたユニークなメキシコのロゼ・ワインです。
どちらも3Vという大きな成功を収め、メキシコ市場で最も人気のあるワインとしての地位を確立しました。

2010年ISO9001認証は、ワインおよび蒸留飲料の製造において取得され、そのブドウ園および醸造プロセスにおいて総合認証を取得したメキシコで最初のワイン生産者となりました。
これは技術のビジョンを裏付け、研究開発に投資し続けているということです。
それはエノロジーと農業過程で最高の地位の獲得です。

2012年カーサ・マデロは米国食品医薬品局(FDA)のNational Organic Program(NOP)に準拠して、ドイツのBSCを通じてメキシコで最初の有機ブドウ畑を認証された先駆者です。
カーサマデロはメキシコで最大の有機ブドウ畑があります。
第1段階では9ha、第2段階では68haが認証されました。
合計で77haの有機ブドウ畑があります。
また、メキシコ大陸のチャプルテペック城のメイン・ホールでのマスター・フル・テイスティングを受けたアメリカ大陸最古のワイナリーとして415周年を迎え、全国で発信されるテイスティングに続き、全国各地でテイスティングが行われます。
また、同じ年にブリュッセル世界大会で金メダルを獲得したワイン、カーサ・マデロ・マルベック2010が発表されました。

2013年43カ国から3,425種類のワインが参加したフランスのパリで最も重要なコンテストで最高位となった白ワイン、カーサ・マデロ・シュナン・ブラン2012。
すべての参加ワインは、世界中の134名のプロ・テイスターによるブラインド・テイスティングで分析されました。
その結果、金メダル獲得に加え、全てのワインの中で最高の白ワインとして選ばれました。
この賞は、世界中のワイン産業によって獲得された最も重要な賞を表します。

このワインは

ステンレス製タンクで25〜27℃発酵。
フランス産ホワイトオーク樽で12ヶ月間熟成。

テイスティング

ルビー色。
プラム、花の香り。
タンニンと酸は程々。
香りが良い。
開けたては微発泡。

飲んだ日:2017-12-24
飲んだ場所:フォンダ・デ・ラ・マドゥルガーダ
価格:1,700円
インポーター:サッポロビール