45のキュヴェがあり、11月のオークションは最高に盛り上がるというオスピス・ド・ボーヌ

現在HPは過去15年間、オスピス・ド・ボーヌのワイン・オークションで1番のバイヤーとなったメゾン・アルベール・ビショーが管理しています。
また、運営に関しては2005年よりイギリスのオークション・ハウスであるクリスティーズが行っています。

 

ワインデータ

ワイン名:Beaune 1er Cru Cuvée Nicolas Rolin
生産地:France > Bourgogne > Côte de Beaune
生産者:Hospices de Beaune (オスピス・ド・ボーヌ)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red wine

ワイナリー

オスピス・ド・ボーヌの始まりは1443年。
ブルゴーニュ公国の財務長官だったニコラ・ロランが、妻のギゴーヌ・ド・サランの懇請を受け、全財産を投じて貧しい人々や老人のための施療院を設立。
以後、コート・ド・ボーヌ地区を中心に、多くの地主から畑が寄進され、そこで造られたワインを販売して施設の運営資
金を賄っていました。 1859 年以降、現在のようにワインが慈善オークションにかけら
れるようになり、ブルゴーニュ最大のワイン祭りへと発展しました。
550年を超える歴史は、ブルゴーニュの真髄とも言うべき伝統です。
現在、「オスピス・ド・ボーヌの競売会」と並び有名な「コンフレリ・デ・シュヴァリエ・デュ・タストヴァン(利酒騎士団)」。サン・ヴァンサンの祭りやタストヴィナージュラベルのワインにも重要な役割を果たし、クロ・ド・ヴージョの晩餐会で有名ですが、結成されたのは第一時代戦後。
1920-1930年頃に、ニュイ・サン・ジョルジュの名門ドメーヌ、アンリ・グージュ家の会合で生まれたアイディアであると言われています。
すなわち、コンフレリ・デ・シュヴァリエ・デュ・タストヴァンのまだ100年にも満たない歴史から考えると、オスピス・ド・ボーヌの550年を超える歴史と伝統は、まさにブルゴーニュ・ワインの精髄を伝える特別な1本と言えます。
現在“Les Trois Glorieuses”(栄光の3日間)と呼ばれるこのオークションは、毎年11月の第3土・日・月曜日に行われます。

このワインは

1443年ブルゴーニュのフィリップ・ル・ボン公爵のニコラ・ロランがボーヌにオテル・デューを設立しました。
1452年から、フランダースから連れて来られた看護に来た修道女は偉大なパウパーズ病棟の最初の患者を歓迎し、世話をしました。

ドゥミニーの市長が優れた医師であったモーリス・パレゴー夫人を偲んで作られた遺産のおかげで、キュヴェは1963年に拡大されました。
キュヴェで最も古いブドウはレ・サン・ヴィーニュ(全体の54%)、レ・トゥロン(全体の19%)で、それぞれ1953年から1975年、そして1950年から1955年の間に植えられました。

テイスティング

ラズベリー、ブラックカラント、チェリーの香り。
上品な酸味、フレッシュ感と程よい樽感で複雑でとてもおいしい。

飲んだ日:2018-11-14
買った日:2018-06-14
買った場所:うきうきワインの玉手箱
飲んだ場所:サンス・エ・サヴール
価格:8,000円
インポーター:エイ・エム・ズィー