スペインワインの持ち寄り会で満を持して登場したのがレゴン・プレミアム


2005年ヴィンテージですが、全然硬いイメージでしたのでかなりゆっくり飲んだ方が良さそうです。
後半はかなり香りが開いてきて美味しく飲めます。

購入はこちらで→(有)土浦鈴木屋

ワインデータ

ワイン名:Legón Premium
生産地:Spain > Inland Region > Castilla y León > Ribera del Duero
生産者:Valtostao (ヴァルトスタオ)
品種:Tempranillo (テンプラニーリョ)
スタイル:Red wine

ワイナリー

ボデガ・ヴァルトスタオはブルゴス県のペドロサ・デ・ドゥエロの町に位置し、国際的にもD.O.の最も特権的な地区と考えられています。
リベラ・デル・ドゥエロで1957年からの古いブドウ畑です。
ヴァルトスタオには60ヘクタール以上の品種「ティンタ・フィノ」または「ティント・デル・パイス」(どちらもテンプラニーリョの別名)のブドウ畑があり、世界的に有名な高品質の「テンプラニーリョ」が栽培されています。


ここ数年で、ワインの最高品質を達成するために、最新の設備としてワインの生産と熟成室の建設のためにアメリカとフランスのオーク樽が導入されました。
「パゴ・デル・ヴォスタル」および「レゴン」ブランドはホーベン、ロブレ、クリアンザ、レゼルバ、ロザード、およびアウトール・ワインのカテゴリーで作られています。

この精巧なプロセスは、温度制御、専門家チームを通して、伝統と技術の進歩を結びつけ、その結果として彼らのユニークなワインであるペイメント・オブ・ヴォスタルとレゴンを作り出します。

このワインは

最古のブドウから、それらのうちの多くのテンプラニーリョ品種の中から、最高の房の手摘み選択がなされ、コールド・マセラシオンが行われます。
細胞を破壊し、より高い濃度を得るために果実の一部を凍らせるコールド・マセラシオン。
このプロセスには約5〜7日かかります。
その後の発酵とマセラシオンは小さなタンクで行われ、伝統的に手作業で果帽を沈め、ブドウの構造を破壊し過ぎないポンプで辛抱強く行われます。
マセラシオンはさらに24日続くことがあります。


樽でのマロラクティック発酵は新しいフレンチオーク樽で行われます。
こうして時間の経過と共にワインと木の不純物を取り除きます。
このようにして、彼らは製品の純度を維持しながらワインの清澄化と安定化を行います。

テイスティング

最初はガチガチでしたが、時間が経つと思ったよりもすっきり。
香りもローストナッツからフルーティに。
10年以上経ってもガチガチとは…もっと熟成したらどうなんだろうかといろいろ想像してみながら飲みました。
飲みながら香りの変化を楽しめる。
肉料理でも魚介でも美味しく飲めました。

飲んだ日:2016-06-19
飲んだ場所:バルデラコスタオラ
買った場所:ヴァン・シュール・ヴァン
価格:5,292円
インポーター:ヴァン・シュール・ヴァン