白ワインではかなり有名なコント・ラフォン

クロ・ド・ラ・バールは表土が浅く、硬い石灰質の層が近い為にミネラル感が強いといいますが、濃厚すぎてミネラル感を感じる暇もない位でした。

ドメーヌ・デ・コント・ラフォン/ムルソー クロ・ド・ラ・バール

 

 

ワインデータ

ワイン名:Meursault Clos de la Barre
生産地:France > Bourgogne > Côte de Beaune > Meursault
生産者:Dom. des Comtes Lafon (ドメーヌ・デ・コント・ラフォン)
品種:Chardonnay (シャルドネ)
スタイル:White wine

ドメーヌ・デ・コント・ラフォン/ムルソー クロ・ド・ラ・バール

ワイナリー

ジュール・ラフォン
今日はブルゴーニュの歴史に密接に関連していますが、ワイナリーはフランスの南西部、特にタルヌ=エ=ガロンヌに起源を探さなければなりません。
1864年3月29日、ジュール・ジョゼフ・バルトレミー・ラフォンが生まれたのは、ヴァランス=ダジャン(ヴァランス は、フランス、オクシタニー地域圏、タルヌ=エ=ガロンヌ県のコミューン。ヴァランス=ダジャンとも呼ばれる。)です。
彼の父チャールズ・ラフォンは、この地域ピレネーで、土地登記所でのキャリアを続けました。
彼の教授によって「優秀」と評価されたジュール・ラフォンは、彼の研究を完了して公証所に入社し、1887年に監査人に昇進した。

1894年1月22日ムルソーの所有者であるマリー・ボッホとの結婚
1906年2月政権の辞任と弁護士のキャリアの始まり
1923年:ムルソー市長のジュール・ラフォンは、ブドウ収穫の終わりを食事で祝うという伝統を復活させました。
もともとワイナリーの所有者と労働者のために彼はまた、宴会に彼の友人の35を招待し、有名な「ポーレ・ド・ムルソー」が生まれました。
それはクロ・ヴージョでの宴会と「フランス7月革命」(1830年7月27日から29日にフランスで起こった市民革命である。フランスでは栄光の三日間とも言う。 これにより、1815年の王政復古で復活したブルボン朝は再び打倒された。ウィーン体制により構築された正統主義は部分的に崩壊し、ブルジョワジーの推すルイ・フィリップが王位に就いた。)の最終段階であるボーヌのホスピスでのワインオークションとして後に急速に進化しました。
現在、約600人が毎年参加し、その席では同名の文学賞が授与されます。

ドメーヌ・デ・コント・ラフォン/ムルソー1998

池上彰も番組で使ったドラクロワの「フランス7月革命」コラ画像

1931年ディジョンの控訴裁判所のすべての地位を放棄し、自分自身をぶどう畑に専念させる。
1940年1月13日:ワイナリーで亡くなる。
1940年2月ディジョンの雑誌「Le Miroir Dijonnais et de Bourgogne」No.211に掲載されました。
ジュール・ラフォンの様々な関心事には次のものが含まれました:絵画、彫刻、タペストリー、オービュッソン(絨毯)、家具、ブール、コイン、メダル、中国のミニチュアなど、文化人として彼は広大な図書館を持っており、1892年8月の彼の飛行船での物語が描かれていたり、冒険者でさえありました。

今日存在するブドウ園は本質的にジュール・ラフォンによって構成されていました。
次の点を区別することが重要です。
マリー・ボッホ(いくつかは売却され、一般的なブルゴーニュのすべての畑を含む)から継承された小地区。
・購入または交換した畑
・ヘリテージ・ボッシュ

ボッホからの継承
モンテリー:レ・シュレスのみ残っている。ピエールとアンリ・ラフォンが販売していた「En la Rue-Chavy」や「Sous-le-Puits-de-Curty」などの他の「クリマ」)
クロ・デ・シェーヌ:1853年にアンリ・ボッシュによって買収された
クロ・ド・ラ・バール
ヴォルネイ・シャンパン
ヴォルネイ・サントゥノ・デュ・ミリゥ

購入した畑
モンラッシェ(1918年)
グット・ドール
ジュヌヴリエール・ドスュ
ペリエール
ヴォルネイ・サントノ
クロ・デ・シェーヌ
シャルムの一部

ドメーヌ・デ・コント・ラフォン/ムルソー クロ・ド・ラ・バール

前に飲んだムルソー1998は普通のコルクでしたが、もっと高価なクロ・ド・ラ・バール2014は合成コルク。

ピエールとアンリ・ラフォン
彼らの父親のワイナリーへの関心は控えめでした。
1944年にピエールが亡くなった後、アンリはその土地を売却することを明らかにしていた(既に大部分が折半耕作:耕作人に畑を貸し、地代として出来上がったワインの半分を貰い受ける)。
当時パリで働いていたにもかかわらず、ピエールの息子のレネ・ラフォンは、この行動に反対しました。


ルネ・ラフォン
ルネ・ラフォンは、ブドウ畑の切り売りを避けるために決定的な介入を行った後、1956年にワイナリーを引き継いだ。
収穫業者と協力して、彼はブドウの修復に着手し、重要な再植林を行った。
収穫された一部が1961年に瓶詰めされました。
彼がブドウとワインに関心を持っていたことで、1967年に彼は依然として一族がまだ保持しているこのビクトリア朝の建物をムルソーに遺し、永住するためにパリから妻と一緒に引っ越しました。

ドミニク・ラフォン
彼は1984年に父親からワイナリーを引き継いだ。
最初は弟のブルーノと共に経営。
1987年以来、彼は折半耕作契約(9年間のリース)を打ち切りました。
1993年以来、13.80ヘクタールのブドウ畑が完全にワイナリーのものとなっています。

ドメーヌ・デ・コント・ラフォン/ムルソー クロ・ド・ラ・バール

テイスティング

やや薄い黄金色。
柑橘系、杏子、花の香りが凝縮されている。
酸は力強いが前面に出ているわけではなく、奥ゆかしい。
時間とともに温まり、ナッツの香りが強くなってきます。
美味しいとしか言えない。

飲んだ日:2017-09-05
飲んだ場所:ビフトロ バイ ラ コクシネル
価格:25,000円
インポーター:エノテカ