飲んだワイン ヴィーニャ・エラスリス/マックス・レゼルバ カベルネ・ソーヴィニヨン2017 7点

最終更新日

ミディアム・ボディのワインを飲もうとオーダーしたのがヴィーニャ・エラスリス

スパイス感があり、シンプルな味わいで万人受けしそう。
値段もこなれているので普段飲むために購入するのも良さそうです。

 

ワインデータ

ワイン名:Max Reserva Cabernet Sauvignon
生産地:Chile > Aconcagua
生産者:Viña Errazuriz (ヴィーニャ・エラスリス)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

1世紀以上にわたり、パンケウエのヴィーニャ・エラスリスの歴史的ワイナリーは、創業者のドン・マクシミアーノ・エラスリスが示した先見的なビジョン、イニシアチブ、起業家精神の象徴であり続けています。
フランスのワインメーカーの指導の下で1870年に開始されたその建物は完成に14年以上かかり、当時の最新技術を取り入れました。

ワイナリーは2階建ての建物です。
巨大なセラーの発掘と建設だけでも5年かかりました。
レンガとモルタル(卵白と砂で作られたセメントの一種)で造られた厚い地下壁は、時の試練に耐え、12〜14ºCの一定温度でワインをラウリ(チリ原産の木)で作られた大きな樽に保管することを可能にしました。

現在も使用されているこのワイナリーには、今日の歴史的なワインのコレクションがあります。
ブドウ園の象徴的なワインにはそれぞれ約400本のボトルがあり、貴重な記録を持ち、何年にもわたってブドウ園の進化を体験する機会が得られます。

このワインは

ブドウは、主にアコンカグア・バレーのマックス・ヴィンヤードで栽培されています。
谷の内部に位置するブドウ園の土壌は、主に沈泥質の層を持ちます。
多様な土壌の栄養と排水の特別な条件は、植物の活力を制御するのに役立ち、小さな房と果実でバランスの取れた果物を生産します。
アコンカグア・バレーの内部にある2017年ヴィンテージは、シーズンを通して酷暑として記録されました。
それにもかかわらず、ブドウ園での慎重な灌漑管理、最も暑い時期の給水量の増加、および収穫の大幅な早期化により、このシナリオを有利に管理することができました。
発芽は、今月中に記録されたより高い気温を考えると、早かった。
開花もまた、10日間で歴史的な早さです。
12月に気温が落ち着き、過去と同様の熱量の合計で終わったため、収穫は当社の過去の記録に合わせて調整されました。
夏の数ヶ月間の平均よりも高い熱の総和と、2015年の寒い春に起因する低収量により、歴史的に早い収穫時期が設定されました。

テイスティング

濃いルビー色。
カシス、チェリーの香り。
タンニンはやや強く、スパイス感がある。
酸は程ほどにありますが、結構重さを後半に感じてくる。

飲んだ日:2019-10-29
価格:2,200円
インポーター:ジャルックス

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!