輸入元のオーバーシーズが現当主のヤン・シレーさんを日本に呼んだ際に購入したワイン

シレーさんにサインを書いてもらう際に「なんて書く?」と聞かれ「NINJAさん江で!」と答えた若かりし頃
飲み頃を迎えたので有名店「炉窯ステーキ 煉瓦」の肉料理と共に飲むことにしました
メドック3級

シュロデール・エ・シレー/シャトー・キルヴァン1996

ワイン名:Ch. Kirwan シャトー・キルヴァン
生産地:France > Bordeaux > Haut Médoc > Margaux
生産者:Schröder & Schÿler (シュロデール・エ・シレー)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ), Cabernet Franc (カベルネ・フラン), Petit Verdot (プティ・ヴェルド)

スタイル:Red wine

シュロデール・エ・シレー/シャトー・キルヴァン1996

ワイナリー
彼らは1756年から1763年にかけて行われたフランスとイギリスの7年戦争の中心にいました。
海がどれほど危険なものになったのか、そしてどれほどフランスと西インド諸島間の貿易は非常に難しい事になったかを想像してください…
シュロデール・エ・シレーは、ユーラリー号と呼ばれる大型駆逐艦を取得し、スパイス、インディゴおよび他の製品を供給し続けていました。

1779年8月12日船はバヨンヌの川の川から出港し、艦橋に20本の銃と100本の武器で武装させた。
105人の信頼された男性の乗組員もまた、ドミニカ共和国首都サント・ドミンゴに向かってこの長く美しい旅の間、ユーラリーに乗って防衛を確実にするようになった。

シュロデール・エ・シレー商社の大昔の書類や貴重な資料を調べたところ当時の為替手形を発見しました。
それは明らかにトレーダーが支払った債務であり、文書を読み進むと手紙の日付が私たちの注意を引きます。

この手紙は、1789年7月14日、フランスの歴史の中で忘れられない出来事であるバスティーユ襲撃の日に署名されました。
※フランス王国パリの民衆が同市にあるバスティーユ牢獄を襲撃した事件である。フランス革命のはじまりとされる。

ベルサイユのばら」でオスカルが指揮を執ったのもバスティーユ襲撃です。

モブの適当さが気になって今夜は眠れません。 特に右端

ボルドーの商人はいつもの様に商業活動を続けていましたが、パリの中心部に革命が起こりフランス人は共和国の夜明けを準備しました。
このフランスの歴史的な瞬間は、同社のシンプルな商用文書を通じて見られた。

フランス革命による混乱の間、外国の貿易業者は王族との共謀の疑いがあり国民の潜在的な敵と見なされていたため、シュロデール・エ・シレーのハンブルク出身の4人の経営者たち全てが投獄されていました。
この判決は1794年2月16日に行われます。
彼ら全員が処刑され、シュロデール・エ・シレー社存続の危機になるのではないかと考えられました。
しかし、ボルドー軍事委員会のラコムベ大統領は告発され、幸いにも彼ら4人が解放され、シュロデール・エ・シレーの歴史は続きました。

彼らは1870年代に南アフリカ喜望峰を経て東インド諸島に海路を辿り、新たに分類されたグラン・クリュ・ワインを満載して航海します。

シュロデール・エ・シレー/シャトー・キルヴァン1996

Ninjaの文字が嬉しい現当主直筆サイン。

彼らの目的地に到着すると、樽のいくつかは不思議なことに陸に降ろされません。
彼らが忘れていたのか?もしかしたら顧客が代金を支払っていないでしょうか?

船は同じルートでボルドーに戻り、9ヶ月の長い旅の後に到着します。
ワインを味わうと、赤道を4回通過した後にワインの熟成が加速し、味わいが大幅に増したが判明しました。
このように熱帯地方を旅し、魔法のように熟成した「インドからの帰還」シュロデール・エ・シレー・ワインのオリジナル・ブランドが生まれました。

1883年6月2日、英国リバプールで第4代目ヘンリー・シラーは、新しい市場を征服するための大胆な旅にアラスカを設定しました。
彼は6月10日に重い霧の中ニューヨークに到着し、探検が始まりました。
数週間、彼は米国の東海岸を旅し顧客と見込み客を訪問します。

米国は禁酒法の厚い狭間にいました。
ヘンリーらが遭遇する困難を想像するだけでなく、彼の冒険の間に彼に与えられたすばらしい機会を想像してください。
彼は8月9日にナイアガラの滝を発見し、カナダへの旅を続けています。
6ヶ月の長い旅の後、ヘンリー・シラーは1883年12月31日にイギリスに戻ります。

20世紀の初め、ネゴシアンによるグラン・クリュ・ワインの瓶詰めのワインのピークを迎える時期です。
シュロデール・エ・シレーは、グラン・クリュの所有者からサブスクリプション契約(特定期間内の使用権を販売する方式)を通じて供給されるため、委託人のブドウの品質と樽購買の規則性を保証することができます。
樽でワインを熟成させ、その後瓶詰めするのはネゴシアンの責任です。
これは、ヴィンテージに追加のネゴシアンの署名が入ります。
これらのグランクリュは、シャトーと同じように顧客にとって重要なネゴシアンによる熟成です。

シャトー・キルヴァンはシラー家によって1925年に買収され、この名高いシャトーは1855年にグラン・クリュ・クラスに分類され、その真正性と優雅さを長年にわたって支持してきました。
ワイナリーとバットルームの新たな改装は明るい未来を約束します。
1991年に醸造コンサルタントのミシェル・ロランを迎えてからは、品質が飛躍的に向上した。
1994年には保険グループであるGNAが資本参加し、ポムロールのレグリーズ・クリネ(生産量が1.2万~1.5万本程度と非常に少なく評価も高い為、日本でも2~3万円/本と高価なワイナリー)の醸造技術者を招聘しています。
2000年には家族経営の75周年を迎えている。
シュロデール・エ・シレー/シャトー・キルヴァン1996
テイスティング
ロバート・パーカーによると以前は本当に駄目なワイナリーだったのが1996年から飛躍的に良くなり、今回のワインはその記念すべきヴィンテージでパーカー・ポイント88
90以上がポンポン出ているので、それ程パーカー・ポイントは高くないとも言えますが十分美味しい。

熟したカシス、プラム、鉛筆の香り。
スパイス感が程よくあり飲みごたえがあるが、エレガントさはマルゴー地区ならではか。
熟成が程よくされており、まさにピークを迎えていると思われる。

飲んだ日:2018-06-30
買った日:2016-06-15
飲んだ場所:炉窯ステーキ 煉瓦
買った場所:オーバーシーズ
価格:10,000円(税抜き)
インポーター:オーバーシーズ