ブルゴーニュ・ワインでスクリューキャップという珍しいヴェルジェのワイン

通常9,000円近くするようですが、信濃屋で5,500円+消費税で購入できました
スクリューキャップなのでもし年代物でもブショネの心配がないというのはいいかもしれません

 

ヴェルジェ/ピュリニー・モンラッシェ プルミエ・クリュ スー・ル・ピュイ2015
ワイン名:Puligny Montrachet 1er Cru Sous le Puits ピュリニー・モンラッシェ プルミエ・クリュ スー・ル・ピュイ
生産地:France > Bourgogne > Côte de Beaune > Puligny Montrachet
生産者:Maison Verget (Guffens Heynen) (メゾン・ヴェルジェ (ギュファン・エナン))
品種:Chardonnay (シャルドネ)
スタイル:White wine

ワイナリー
1976年メーヌとジャン・マリー・ギュファン・エナンは故郷のフランダースを後にブルゴーニュを訪れました。
これらの若い学生がフランス語を学びワインを発見するのには一年がかかりました。

彼らがブルゴーニュに到着すると、ジャン・マリーは地元ダヴィエでのワイン栽培、メーヌは農業高等学校でのブドウ栽培の研究に着手します。
その後、彼らはマコン地方の小さな土地の管理者になりました。
彼らはワインをいかにして醸し出すかについて、ジャン・マリーはブドウ園をどのように運営するかを学びました。
1979年、彼らはピエールクロの丘の上にいくつかのブドウ園小地区を購入します。
熱狂的ではありますが経験の浅い彼らは、ワイン栽培とワイン製造をほぼ本能的な方法で捉えています。

実際、メーヌの美術的センスとジャン・マリーの劇場的で建築的なセンスがあります。
しかし、彼らの感性、創造性とワインの本当の情熱は、その才能が広く認識されているワイン栽培者へと変化しています。

今日ドメーヌ・ギュファン・エナンはワインの品質とオーナーのたぐいまれな個性の両方で世界的に有名です

彼が1990年にヴェルジェを創設したとき、ジャン・マリー・ギュファンは彼自身課す生産方法と同じルールを適用しました。
ヴェルジェの哲学は、「最高のブドウは最高のブドウから得られる」という簡単な文章でまとめられます。
この基本的な言葉は彼の原点です。
したがって、マコン、シャブリまたはコート・ドールの湿地では、最高のブドウ園と最高のテロワールが高品質のワインを生産するように選ばれています。

ヴェルジェの存在は、ワインのテロワールを明らかにすることによってワインのすべての性格を明らかにすることです。
ヴェルジェはシャブリとコート・ドール地域でこのプロセスを成功させ、歴史的にデイリー・ワインを生産してきたマコンではこのアプローチは重要な意味を持ちます。
これはヴェルジェが一番多くのワインを制作する場所の由縁です。

このような珍しいアプローチで、ヴェルジェはテロワールの研究と気候の先駆者になっています。

このワインは
ピュリニー村高くにあるこの地区は、ブラニー村のプリミエ・クリュの中でも最高の場所近くにあります。
これらのフリーランジュース(破砕時に果粒から自然に流れ出た果汁)は、新樽25%でで醸造されました。
発酵は11月下旬に終了し、毎週通常の撹拌で7ヶ月間樽で熟成されたました。

ヴェルジェ/ピュリニー・モンラッシェ プルミエ・クリュ スー・ル・ピュイ2015

テイスティング
黄金色。
レモン、青りんごの香り。
樽が効いている。
ホワイトアスパラガスとよく合いました。

ヴェルジェ/ピュリニー・モンラッシェ プルミエ・クリュ スー・ル・ピュイ2015

飲んだ日:2018-06-30
買った日:2018-05
飲んだ場所:炉窯ステーキ 煉瓦
買った場所:信濃屋
価格:5,500円(税抜き)
インポーター:テラヴェール株式会社