数年前にうきうきワインの玉手箱の福袋に入っていたと思われる一本ドメーヌ・ラペ

セラーで動かさずに何年も保管していたので状態はかなり良く、非常に美味しかった。
みんなでクピクピ飲んであっという間に終わってしまったので、もっとゆっくり飲めばよかったかなと反省。

 

ワインデータ

ワイン名:Corton Grand Cru
生産地:France > Bourgogne > Côte de Beaune > Aloxe Corton
生産者:Dom. Rapet Père et Fils (ドメーヌ・ラベ・ペール・エ・フィス)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

彼らの家族のワイナリーは非常に古く、1765年から苗字が登場するワインテイスターは、世代を超えて慎重に保管されています。
ロバートの後、ローランド、そして今はヴィンセントとシルヴェットはワイナリー管理に懸命に取り組んでいます。
エステートは、ペルナン・ヴェルジュレス村にある20ヘクタールのブドウ畑であるサヴィニー・レ・ボーヌ、アロース・コルトン、ボーヌから構成されています。
コート・ド・ニュイとコート・ド・ボーヌの間に位置するペルナン・ヴェルジュレスのブドウ畑は、静かな渓谷の緑に囲まれた場所にあり、コルトンの丘の麓から始まります。
白ワインと赤ワインの両方で、あらゆる種類のヴィンテージを提供する唯一のブドウ園です。
それは本当に谷を歩いて、この場所の静かな美しさを取り入れることを楽しむであろう観光客と熱狂的なワインファンに暖かい歓迎を提供します。

このワインは

アロース・コルトン・コミューンからの素晴らしいブルゴーニュ赤ワイン。
使用されるブドウ品種はピノ・ノワールです。
ブドウの樹齢は50歳です。

赤ワインの醸造:熟したブドウの特徴である、ブレンドされたタンニンが豊富なフルーティーなワインを手に入れることを目指しています。
ワイナリーで慎重に選別するために、彼らは小さな木枠にブドウを入れます。
ブドウを尊重しながらタンクを満たすためにベルト・コンベアが使用されます。
発酵は、除梗、圧搾する前にブドウの皮から豊かさと色を吸収させることができるように、発酵が15日間続きます。
熟成は20%が新しい樽で行われます。
重力によるラッキングはポンプの必要性を排除します。
これらすべての予防措置は、ブドウとワインへの人の手を可能な限り制限するため、ワインのすべての豊かさを維持します。

テロワール:コルトンの丘はボーヌの北にあります。

コルトンは “田園領”を意味する複合語です。
中世のラテン語でコルチスは中庭を表し、ガロ=ローマ時代では別荘と同じ意味で使用されていました。
これは貴族の一員に属する財産を示しています。

コルトンは南に向かって露出している丘陵斜面を占めています。
それはコート・ド・ボーヌで唯一のグランクリュの赤ワインです。

コルトンは2つの「クリマ」、コルトン・コンブ(谷)、コルトン・レ・シャルム(石の多い台地)、およびラ・ヴォワ・ロッセ(間違いなく鉄の土壌を呼び起こす古代の形「ルッセ」)で製造されています。

テイスティング

憧れのコルトン。
フランボワーズ、チェリーなどの果実とバラの香り。
フレッシュでキレイな酸。
みずみずしいフレッシュなベリーの味わいが終始続く。
美味しくて1本すぐ空いてしまったがゆっくり飲んでどういう変化があるのかみてみたい気もする。

飲んだ日:2019-06-18
飲んだ場所:ニューオータニ東京
買った場所:うきうきワインの玉手箱
価格:13,500円
インポーター:東亜商事株式会社