2019年4月27日にできたカーヴ・ハタノのカフェで飲んだクラカケ ルージュ2017


東御市鞍掛のお膝元のワインです。
まだ若々しさは隠せませんが、今後どう成長していくかわからないワイナリーのファースト・ヴィンテージが飲めたことは僥倖。
ただこれはメルローにしては私にはやや軽過ぎましたが、ここら辺は好みですからね…

こちらで購入できるようです→TOMI WINE CHAPEL

ワインデータ

ワイン名:Kurakake Rouge Serection
生産地:Japan > Nagano
生産者:Cave Hatano (カーヴ・ハタノ)
品種:Merlot (メルロ)
スタイル Red wine

ワイナリー

波田野信孝氏は1983年埼玉県鴻巣市出身。
2006年にヴィラデストに就職。
栽培・醸造に従事し、2009年に主任。
2013年に独立してヴィンヤードの「Man Malu Noka」となり、委託醸造でファーストヴィンテージをリリース。
2017年8月、念願のワイナリー「cave hatano」を立ち上げて、醸造をスタート。

このワインは

生産本数250本。
涼しく天気の良かったこの年は力強くエレガントで果実味も豊かなメルローです。
メルロー5樽の中から高品質に仕上がったワインのみを選抜し瓶詰めしました。
深みのある味わいと香ばしい樽香が感じられます。

テイスティング

鞍掛メルロー。
二種あるメルローのうちの上位グレード?の方を。
フレッシュで豊かな酸ときしっとしたタンニン。
青々もしたピーマン香とほのかに樽香。
プルーンやチェリーの味わいと少しスモーキーな印象。
エレガント。
やや自分の好みから外れているかな。
ボルドー系のブドウを使うならもっとパワフルが好き。

飲んだ日:2019-04-27
飲んだ場所:カーヴハタノ
価格:3,750円