サンタ・リタの公式HPには出ていない可哀そうなヒーローズ・ブランド。


海外輸出専用なのかもしれません。
テーブル・ワインらしい値段相応の味わい。
肉料理と一緒に飲むというよりも前菜向けのやや薄めの味わいでした。

 

ワインデータ

ワイン名:Heroes Cabernet Sauvignon
生産地:Chile > Central Valley
生産者:Santa Rita (Chile) (サンタ・リタ)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン)
スタイル:Red wine

ワイナリー

ビニャ・サンタ・リタは、一流のビジネスマンであり、かつ当時の有名人であるドン・ドミンゴ・フェルナンデス・コンチャによって1880年に設立されました。
ドン・ドミンゴは、フランスの最高級ぶどう品種をマイポ渓谷の豊かな土壌にもたらしました。
また、特殊な機器とフランスのトップ・ワイン・メーカーのチームも一緒にこの場所に来ました。
これはチリでこれまで知られていなかった技術をもたらし、チリでのワインの作り方を変え、そして素晴らしい結果をもたらしました。

1980年に同社はクラロ・グループの一員となり、この新しい所有者は品質とビジネスの洞察力に大きな飛躍をもたらしました。
多額の投資が行われたため、1980年代末までに輸出を増やすことができました。
また、新しいオーナーはさまざまな技術革新を実施し、高品質のワインを作ることができました。
それ以来、ビニャ・サンタ・リタは、最新かつ最先端の技術を駆使して、各製品ライン毎に絶妙なワインを作り出し、長年にわたり獲得してきた数多くの賞や賞を生み出してきました。

1880年ドン・ドミンゴ・フェルナンデス・コンチャは、1880年にビニャ・サンタ・リタを設立しました。
当時の名高い実業家がアルト・ジャフエルで会社を設立しました。
創設者はフランスのワイン・メーカーとフランスのブドウを持ち込み、当時チリで生産されていたものよりも優れたワインを生産し始めました。

19世紀の終わりから1970年代半ばまで、ワイナリーは創始者の遺産と理想に従ったドン・ドミンゴ・フェルナンデス・コンチャの義理の息子であるビセンテ・ガルシア・ウイドブロから始まり、ガルシア・ウイドブロ家の所有の下で発展していきました。
1980年クラロ・グループと世界でガラス容器のトップメーカーであるオウンズ・イリノイはビニャ・サンタ・リタの一部所有権を取得しました。
クラロ・グループの登場は、会社にとって大きな後押しとなり、チリではこれまでに見たことのないワイン生産における技術的および技術的な著しい進歩を取り入れています。
また、1982年に始まった120本のラインと1985年に始まったチリ産ワインの世界市場への輸出など、新しいラインへの強い衝動を意味しました。
サンタ・リタの成長は、1987年のカルメンのような市場での有名ブランドの買収を伴いました。
1988年クラロ・グループはサンタ・リタの完全所有権を獲得し、1990年にワイナリーが株式公開会社になりました。
その成長は、輸出を重視し、受賞歴のある優れたワインの評判に基づいていました。

1990年代は、すべてのプロセス、特にワイン製造分野への多大な投資から始まりました。
新しい設備、ステンレス・スチール・タンク、そしてフランスとアメリカのオーク樽が採用されました。
農業地域は、チリのトップ・ワイン・ヴァレーであるマイポ、コルチャグア、カサブランカの1,000ヘクタール以上の土地の取得と植林を統合しました。
その拡大と新しく植えられたブドウ畑は、サンタリタの土地の成長を意味し、2,860ヘクタールの表面積に達しました。
これは、1992年に設立された新しいビニャ・カルメンのブドウ畑とワイナリーに加えて、国際市場向けの上質なワインの生産に焦点を当てています。
1997年にビニャ・サンタ・リタはアルゼンチンに事業を拡大しました。
そこではウガルトチェとツプンガトにブドウ畑を持つ輸出ワイナリーであるビニャ・ドニャ・ポーラが始まりました。
どちらもメンドーサ州にあります。

2001年、同社はフランスの多国籍企業ペルノ・リカールからテッラ・アンディーナ・ブランドを買収しました。
これはビニャ・カルメンSAの子会社であるスール・アンディーナSAによって管理されているためです。
ヨーロッパの市場により良いサービスを提供するためにロンドンにオフィスを構えました。
2005年にはチリでのワイン生産の成長は、全国の流通を改善するために会社をサンタ・リタ・ディーラー有限会社に成長させた。
同年、同社はプマンクで1,169ヘクタールの新しい土地を取得しました。
2007年スール・アンディーナ・アルゼンチンS.A.はビニャ・ドニャ・ポーラのワイン提供を補完する目的で創設され、アルゼンチンでは3,500haを超える植林面積が達成されました。
2008年サンタリタUSAコーポレーションはマイアミにオフィスを構えてアメリカ市場への商業的支援を提供するために設立されました。
そして翌年ナティバ・エコ・ワインS.A.は有機ワインの独占開発のために設立されました。
この間、技術開発に重点が置かれました。

2010年代これは会社の認識と実績によって特徴づけられる10年です。
2013年カーサ・レアル・レゼルバ・エスペシャルは、世界で最も重要な賞の1つを受賞しました。
それは英国の著名な雑誌デカンターによって「伝説のワイン」と呼ばれ、このタイトルを持つ最初の南アメリカ・ワインになりました。
これは、2014年の他の2つの節目に加えて、カーサ・レアル・レセルバ・エスペシャルの25周年と、ブドウを発見したフランスのアンペアロ・グラフ、ジャン・ミシェル・ブリコットによるビニャ・カルメンによるカルメネールの再発見から20周年です。
2015年には、英国の雑誌「ドリンク・ビジネス」が、「サンタ・リタ」を「グリーン・アワードで最も倫理的な企業賞」と称し、社会的側面に焦点を当てています。
2016年は偉大な業績の年でした。
優れた販売実績と並外れた持続可能性に加えて、世界中のチリのワインの大使としての彼らのコミットメントと情熱に基づいて認識されたヴィノス・デ・チリによって、サンタ・リタが「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」に選出されました。
また同年、サンタ・リタは、世界中で最も重要なサッカー・チームの1つであるアーセナルと戦略的提携を結び、ブランの一つである「120」をイングランド・プレミア・リーグ・チームの最初の公式ワイン・スポンサーとしました。
また、ロンドンのミュージアムであるナショナル・ギャラリーとの契約も開始しました。
その中には、ギャラリーの最も重要な作品のいくつかをフィーチャーした新シリーズの限定版ワインもあります。
2017年には、売上の第1位のチリブランド、有名な120シリーズのワインが50周年になりました。
このイベントを祝うために、サンタ・リタはアルト・マイポ・カベルネ・ソーヴィニヨンの最高を示す120の50周年記念限定版を発売しました。
この年はまた、現在アルゼンチンで最も重要な輸出ワイナリーの1つに位置し、そのワインの品質で世界的に有名なドニャ・ポーラの20周年を記念しています。
持続性はサンタ・リタの生産性の中核的概念の1つであり、2017年にはチリ製造業振興協会、アドルフォ・イバニェス大学、およびチリのビジネス経済誌レビスタ・キャピタルによって毎年社会部門で企業サステナビリティ賞を受賞しました。
同様に、2017年のISCランキングでは、サンタ・リタがチリで2番目に持続可能なワイナリーとして挙げられていました。
2018年、ビニャ・サンタ・リタは、チリの最も重要なワインの1つと考えられている、その100%カベルネ・ソーヴィニヨン・アイコン・ワインであるカーサ・レアル・レゼルバ・エスペシャルの30周年を祝いました。
この記念日は、その先祖であるリカルド・カルロ・バルデスに敬意を払う2015年ヴィンテージの発売と同時でした。

テイスティング

赤紫色。
ベリー、チェリーの香り。
タンニンは程々。
酸はやや強い。
とにかく薄い味わいで、肉料理などと一緒に食するには実力不足だと思います。

飲んだ日:2017-09-22
飲んだ場所:留萌マルシェ 品川イーストワンタワー店
価格:800円
インポーター:サッポロビール