恩師との会食でワインが足りないと気が付き最寄りのワインショップで購入したのがオージェンヌ

2008年というシャンパーニュのなかなか良いヴィンテージ。
私はまあまあ甘いと思ったのですが、恩師や友人忍者は辛口と評価。
そういわれると辛口に感じる意志の弱さよ。

 

ワインデータ

ワイン名:Millésime
生産地:France > Champagne
生産者:Champagne Eugène III (シャンパーニュ・オージェンヌ)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール), Chardonnay (シャルドネ)
スタイル:Sparkling Wine(White)

ワイナリー

シャンパーニュ地方の村、ブランド・オージェンヌの本拠地であるバロヴィルは、クレルヴォー修道院から10 km未満の場所です。
シャンパーニュでの日常生活は、シトー会修道士の歴史と切り離せません…
ブドウの木は、12世紀に修道院の修道士によって植えられ、クレアヴォー修道院の創設者であるセント・バーナードは、1152年にシャンパン・セラーの一部を建設しました。

ブドウ畑は、アルコンヴィル、アルソンヴァル、バロヴィル、フォンテーヌ、モンティエ・アン・リスル、プロヴァービル、ルーブル・レ・ヴィーニュ、トランヌ周辺に127haにわたって広がっています。
ブドウ:ピノ・ノワール90%-シャルドネ10%

オージェンヌ3世は、クレアヴォー修道院の修道士であり、弟子であり、修道院の創設者である彼の思想的指導者ベルナール・ド・クレアヴォーの友人でした。

このワインは

ブレンド:ピノノワール60%、シャルドネ40%
収穫2008年から100%
2009年3月にボトル入り
残糖:8g/L

テイスティング

薄い黄金色。
コンポートのような香り。
香りは甘いのですが、味わいは結構辛口。
ドライな味わいは料理の味を邪魔せず食前酒としては結構有能。

飲んだ日:2019-09-21
飲んだ場所:セラフェ
買った日:2019-09-21
買った場所:信濃屋
価格:5,000円
インポーター:田地商店