ヒラマツグループで提供されているヒラマツラベルのドゥラモット

サロンの姉妹メーカーだけあって上手に作ってあり非常に美味しい。
食前酒としては最高だと思います。

シャンパーニュ・サロン・ドゥラモット/ドゥラモット ブラン・ド・ブランN.V.

ワインデータ

ワイン名:Delamotte Blanc de Blancs
生産地:France > Champagne > Cote de Blancs > Le Mesnil Sur Oger
生産者:Champagne Salon Delamotte (シャンパーニュ・サロン・ドゥラモット)
品種:Chardonnay (シャルドネ)
スタイル:Sparkling wine(White)

ワイナリー

1760年以来、メゾン・ドゥラモットは、シャンパーニュ地方で重要な位置を占めています。作られるワインはシャンパーニュ地方の人々に愛されており、変わりない品質とコート・デ・ブランのテロワールを完璧に尊重していることが、このメゾンの特徴です。

ボトルの中には、仕事の完璧さと、おいしさを味わう快感への追求の念が、たっぷりと詰まっています。

シャンパーニュ・ドゥラモットを選ぶことは、繊細な楽しみを愛する快楽主義者達を奮い立たせることでしょう。
愛好者たちは、自然が真実を語る場所で、丁寧に作られたワインを、日常にない特別な方法で、選ぶことでしょう。
真の贅沢がここにあるのかもしれません。

ル・メニル・シュール・オジェ、アヴィズ、オジェといった村々は、シャルドネ種が最高の状態で育つ土地です。
穏やかなこの品種は、コート・デ・ブランの気難しいテロワールと向き合いながら、爽やかさを長期に渡って維持するために、完璧なコンビネーションをこの土地で見つけたのです。

シャンパーニュ・ドゥラモットは、この高貴な品質の特徴的な味わいを、完璧に表現しています。
空気のように軽く、ふんわりとして、荒削りながら、成熟するにつれて複雑となり、謙虚ながら存在感があり、重さを感じさせることなく陶然としています。
つまり、あらゆるシーンに適したシャンパーニュです。

1760年当時、シャンパーニュ地方に存在したシャンパーニュの作り手は、ドゥラモット社を含めてたったの5社でした。
コート・デ・ブラン地区の懐、ル・メニル・シュール・オジェ。
ドゥラモット社は、隣接する伝説的なメゾン、シャンパーニュ・サロン社と姉妹会社であり、同じ営業スタッフ、葡萄畑、セラーマスターを分かち合いながら、質の高いシャンパーニュ造り、という共通の使命を掲げています。
シャンパーニュ・ドゥラモットのエレガントなスタイルは、所有する葡萄畑の特徴ともいえ、ル・メニル・シュール・オジェ、オジェ、アヴィズ、クラモンの村で収穫されるシャルドネは、コート・デ・ブラン地区のグラン・クリュ級の格付けを受けています。
シャンパーニュ・ドゥラモットは、シャンパーニュ地方特有のテロワールを表現するシャンパーニュ造りに情熱を捧げる、数少ないつくり手でもあります。

シャンパーニュ・サロン・ドゥラモット/ドゥラモット ブラン・ド・ブランN.V.

このワインは

グラン・クリュ級のシャルドネを最高潮に表現しているシャンパーニュ・ドゥラモット・ブラン・ド・ブランは、メニル・シュール・オジェ村、オジェ村、アヴィズ村、クラマン村に位置する、当社の葡萄畑のブドウから生まれ
ます。
発酵醸造は、ステンレス製タンクのみを使用しているため、ブドウに余分なファクターが入ることがありません。
また、ドザージュを少量にすることで、ル・メニル村と、その周辺の村で収穫されたブドウが純粋に表現され、天然ミネラル系の風味が強調されます。
当社所有の葡萄畑のブドウの本質となる、シャンパーニュ地方特有の白亜質系の感覚を最大に活かすよう、アッサンブラージュの際に加えられるリザーヴ・ワインは、多くても10%までしか用いません。
当社のシャルドネは、純粋な白亜質系の土壌に育つため、ワインがまだ若い時には、比較的厳格な風味を特徴としますが、シュール・リー方式(澱に触れさせたまま瓶内熟成)で、4〜5年間(法律では最低15ヶ月間)にも渡って熟成され、さらに澱除去作業後も熟成を続けることによって、最高に繊細でエレガントなシャンパーニュができあがります。

シャンパーニュ・サロン・ドゥラモット/ドゥラモット ブラン・ド・ブランN.V.

テイスティング

細やかで豊富な泡。
フローラルな香り。
ブランドブランならではのキリッとした酸もありつつ奥行きもある。
レモンやグレープフルーツの皮とトースティな印象。

飲んだ日:2018-11-14
飲んだ場所:サンス・エ・サヴール
価格:8,000円