ジュゼッペ・クインタレッリの中でも最高峰に位置するアルゼロ


既存のアマローネとも一線を画すワザマエ。
Giuseppe Quintarelliで検索すると必ずMaestro(マエストロ=巨匠)という単語も出てくるくらいの作り手の中でも最高峰のワインです。
びっくりするくらい美味しくて、辛口好きの私でも甘いのにどんどん飲めてしまう恐るべきワイン。
値段も恐るべき。

 

ワインデータ

ワイン名:Alzero Cabernet
生産地:Italy > Veneto
生産者:Giuseppe Quintarelli (ジュゼッペ・クインタレッリ)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Cabernet Franc (カベルネ・フラン)
スタイル:Red wine

ワイナリー

ジュゼッペ・クインタレッリの歴史は、ネグラール村の近くのチェーレにあるワイナリーを中心に発展しました。
クインタレッリの一族は1924年以来ここに住んでいます。
クインタレッリの父親、シルヴィオは第一次世界大戦後に土地を買い、自分のワイナリーを設立しました。
ジュゼッペ・クインタレッリは1950年にこの土地の開発に着手し、それを拡張しブドウ樹のつるの成長とワイン造りに改善をもたらしました。
彼はその地域の伝統の中で働いている間でさえも広く試験的な手法を実践した。

残念なことに、ジュゼッペ・クインタレッリは2012年1月に84歳で亡くなりましたが、彼の家族は彼のビジョンとスタイルを守り続けています。
彼の4人の娘のうちフランカと彼女の夫のジャンパオロ・グリゴリはワイナリーを管理しています。


ワイナリーの隣のモンテ・カ・パレッタという丘の上には、10ヘクタールのブドウ畑と3ヘクタールのブドウ畑があります。
彼らは地元の品種コルヴィーナとコルヴィノーネにはペルゴラ・ヴェロネーゼ式(ブドウ樹のつるの育て方)を、そして国際的な品種カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランとメルロにはグイヨ式を使用しています。
持続可能なつるの成長は、彼らがすることの核心です。

クインタレッリには品質に対するこだわりがあります。
製品自体からコルク、ガラス、ボトルキャップの品質まで。
ラベルは、魅力的で独特の手書きスタイルで際立っています。
彼らはワインを敬意と忍耐をもって扱い、それが瓶詰めされる前にその可能性を最大限に発揮することを可能にします。

このワインは

見事な2004年のカベルネ・アルゼロは言葉を超えて美しいです。
本当に際立っているのは、このエレガントなワインの驚くべき焦点と定義です。
カベルネのブドウは強度と重さを増すために風乾されています。
これはヴァルポルチェッラで作られた他の赤ワインとは異なります。
その継ぎ目のない優雅さは無限大です、そしてそこには純粋さもまたあります。
これは感覚を落ち着かせるワインですが、それはまたそれらを目覚めさせそして挑戦させます。
2004年ヴィンテージは、何時間もの熟考と尊敬を要する明らかな血統を持つ素晴らしいワインです。
飲み頃は2015-2030年。
eRobertParker.com #209 Oct 2013


テイスティング

横浜の某有名イタリアンのシェフと二人でまさかの中華料理屋でこのワインを飲む。
イタリアまで修業しに行き、ワインも現地で大量に飲んできたという彼を納得させる為に私が用意したのがこのワイン。
このワインは凄いです。
中華と合わせたのもある意味正解でした。
角砂糖を入れる必要のない高級紹興酒のような自然な甘みと複雑な香り、長い長い余韻。
後10年は平気でもつであろうポテンシャル。
それを今飲んでしまう贅沢。
そしてイタリアワインを深く知る人と飲めるのは本当に幸せ。

飲んだ日:2014-09-01
飲んだ場所:諭吉
買った場所:オンライン WASSY’S
価格:48,000円
インポーター:株式会社ファインズ