恵比寿の人気店で飲んでみたアパルタグアのカベルネ・ソーヴィニヨン。

味わいはお値段相応ですが、デイリーワインとしては十分美味しく飲めます。
見かけたらちょっと買って飲んでみてもいいかもしれません。

ワインデータ

ワイン名:Apaltagua Gran Verano Cabernet Sauvignon
生産地:Chile > Central Valley
生産者:Bodegas Collado
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン)
スタイル:Red wine

ワイナリー

ビニャ・アパルタグアの物語は、アメリカで大成功したビジネスマン、エドワード・ツタンジアンがチリで休暇中だった1995年に始まり、チリという国とその驚くべきワインの両方に恋をしました。
その時点で彼はチリへの投資を決心し、有名なクリコ・ヴァレーにあるチリの第7地域にある彼の最初のブドウ園ラ・パンコラを取得しました。

その後、植樹面積とブドウ品種の両方を増やすことを目的として、そのブドウの卓越性で知られるマウリ・ヴァレーのクレプトの町にあるウアケンで2つ目の土地を取得。
このブドウ畑は、日中と夜間の気温の変動が大きいことが主な気候条件で選ばれました。
その後、アパルタグア・ワイナリーはコルチャグアのアパルタ・ヴァレーにあるチリの第6地域にある会社に組み込まれました。

後に、新たな土地がマイポ・ヴァレーのピルケの町で購入されました。
ここには現在、ワイナリーのゲスト・ハウスであるハシエンダ・デ・サンファンデピルケと呼ばれる建物のある保護区があります。
原生林のある記念公園。
これらすべては現在、国の財産の一部として認識されています。

最後に、サンアントニオ・ヴァレーのパルミラ(コルチャグア)とマナンティアレスの農園が既存のブドウ畑に統合され、同社はこの国の5つの主要なワイン生産ヴァレーに進出し、マルチバレーワイナリーになりました。
これにより、それぞれの原産地単位が提供する品質のおかげで、品種やワインに多様性を持たせることができます。

このワインは

ブドウ園全体は、愛情を込めて、そして自然環境を尊重しながら慎重に世話をされています。
このワインはチリのセントラル・ヴァレー地域にある3つのブドウ畑から作られています。
ブドウ畑は、ブドウの生育に最適な、並外れた自然条件の場所に平らで低い尾根に植えられました。

ブドウは熟した4月に手摘み。
厳選された酵母が入ったステンレス製タンク内で28~30度(82~86°F)の範囲の温度で7日間発酵されます。
その後、そのフルーティーな特徴を引き出すために、ワインをさらに5日間浸軟させます。
最後に、ワインは3ヵ月間ステンレス鋼のタンクに入れられてから瓶詰めされ、市場に販売されます。

テイスティング

濃い紫色。
ミディアム~フルボディ。
黒い果実の香り。
ステンレスタンク使用なのに何となくオークの香り。
不思議。

飲んだ日 2018-09-04
飲んだ場所:T.G.ハース
価格:1,300円
インポーター:BMO株式会社