ガレージワインの先駆者であるジャン・リュック・テュヌヴァンシャトー・ヴァランドロー

少しずつ高価になってきましたが、まだネット上では1万円台で販売していたりと、有名ワインですが手の届く範囲にあります。
安く販売されていたら一度は購入してみてもいいと思います。

 

 

 

ワインデータ

ワイン名:Ch. de Valandraud シャトー・ド・ヴァランドロー
生産地:France > Bordeaux > Saint Émilion
生産者:Thunevin (Jean Luc Thunevin) (ジャン・リュック・テュヌヴァン)
品種:Merlot (メルロ), Cabernet Franc (カベルネ・フラン), Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Malbec (マルベック)
スタイル:Red wine

ワイナリー

シャトー・ド・ヴァランドローはジャン・リュック・テュヌヴァンとミュリエル・アンドローの情熱的な夫婦によるものです。
サンテミリオンで商人として大成功を収めた後、彼らの願いは自らのブドウ畑を所有して自分たちのワインを作ることでした。

1989年に、彼らはパヴィ・マカンとラ・クロッテの間のサンテミリオン渓谷で0.6ヘクタールの小さな畑を取得しました。
ヴァランドローという名前の起源は、感情的なもの(アンドロー:1459年以来サンテミリオンの登記所に登場するミュリエルの名前)と地理的:フォンガバンの谷底(Vale)からシャトー・ド・ヴァランドローが生まれました。

現在、ワイナリーの総表面積は8.88ヘクタールで、サン・テミリオンのサン=テティエンヌ・ドゥ・リスに位置します。

彼らのチームは常にテクニカルな改善を探し、すべてが伝統的で現代的な方法で行われます。
ダブル・ギュイヨの剪定、枝の持ち上げ、葉の剪定、収穫。
収穫は手作業で行われ、熟した房だけを採取します。

ジャン・リュック・テュヌヴァンの「環境にやさしい」セラーに到着した後、ブドウの房は選別機の助けを借りて再び選択されます。
次のステップは、種を破砕させることです。
この工程は必要であり、ここで得られた非常に豊かで純粋な果汁を、発酵タンク(木やステンレススチールやコンクリート)に収められます。

アルコール発酵の終わりに、新しいヴァランドロー・キュベはマロラクティック発酵のために100%新オーク樽で発酵されます。
ラッキング終了は必要に応じて行われ、熟成にはヴィンテージの品質に応じて18〜30ヶ月間の可変期間があります。
原則として、従業員がボトリングする前に清澄化またはろ過を実施しません。

ヴァランドローの成功は、多くの”制御されていない”アペラシオン創造の起源であり、ガレージワインと召命されました。

2012年以来、シャトー・ヴァランドローは、サンテミリオンのグラン・クリュ分類の最初のグラン・クリュ・クラスであり、2017年以来グラン・クリュ・オブ・ボルドーのメンバーです。

テイスティング

濃い色合い。
ブラックカラントやブラックチェリーの黒系果実の香りにコーヒーやリコリスの香りが載ってくる。
味わいに厚みがあり豊潤でバランスが良い。
一度は飲んでおきたいワインの一つ。

飲んだ日:2018-09-04
飲んだ場所:LOVAT (ロバット)
買った日:2012
買った場所:ワッシーズ
価格:15,000円(当時)
インポーター:徳岡