モトックス試飲会のお土産で貰ったマレンマンテ

値段の割に友人忍者達からは非常に好評でした。
丁寧に作っているのが伝わるワイン。

ポッジョ・アルジェンティエラ/マレンマンテ トスカーナ ロッソ2014

 

ワインデータ

ワイン名:Maremmante Toscana Rosso マレンマンテ トスカーナ ロッソ
生産地:Italy > Toscana
生産者:Poggio Argentiera (ポッジョ・アルジェンティエラ)
品種:Cabernet Franc (カベルネ・フラン), Syrah (シラー)
スタイル:Red wine

ポッジョ・アルジェンティエラ/マレンマンテ トスカーナ ロッソ2014

ワイナリー

ポッジョ・アルジェンティエラは、マレンマ沼地が干拓し始めた20世紀初頭にアデュア農場を購入し、1997年に設立されました。
6ヘクタールのブドウ畑でモッレリーノ・ディ・スカンザーノのブドウを生産し始め、新しいセラーが建設されました。
2001年にはスカンザーノの村にあるバッキネッロにあるもう1つの農場、キーリングを買収したことで経営が拡大しました。

古くて有名な既存のぶどう畑に更に新しいぶどう畑が追加され、今日ワイナリーはモッレリーノ・ディ・スカンザーノの名称で21ヘクタール以上のブドウ畑を所有しています。

同社の哲学は、ブドウ畑での作業とブドウとその生産サイクルに対する最大の敬意を兼ね備えており、2009年からは、有機農業と農業の原則と実践に従って、ぶどうの木と周囲の環境との完璧なバランスを保っています。

アデュアはマレンマの自然公園に隣接するゾーンに位置し、マリナ・ディ・アルベレセの海辺のエリアは、わずか5~6キロメートル先にあります。
ここでは土壌は砂質で低粘土で、粘土や有機物はほとんどありません。

キーリングの状況はまったく異なります
スカンザーノの丘陵の標高は高く、地形の自然な傾斜、暴露、および土壌の非常に石の多い組成は、例外的で潜在的かつ独特性のあるブドウ園の誕生を可能にしました。

このワインは

土壌:バッキネッロ地域のブドウ園で、海抜350メートルの沖積の小石が豊富な土壌と石灰粘土で、アルベレーゼ地区のブドウ畑である土壌に砂と壌土が堆積している海抜0メートルの土地。
発酵:温度制御ステンレス・スチールタンクで発酵と熟成の両方を行う必要があり、スキンコンタクトで約2週間。
ポッジョ・アルジェンティエラ/マレンマンテ トスカーナ ロッソ2014

テイスティング

濃いルビー色。
ベリー、プラムの香り。
果実の凝縮感。

モトックスの推しメンだけあって安くて美味しい
ポッジョ・アルジェンティエラ/マレンマンテ トスカーナ ロッソ2014
コルクの耐久度が異常に低かった。

飲んだ日:2018-04-01
飲んだ場所:雷や
価格:2,200円
インポーター:モトックス