• 日々お酒の事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインとビールの事や、食べ歩いたお店を書いていきます。増税前の値段の場合もありますのであしからず。

前回参加できなかったニュージーランドワインメッセに参加。

ニュージーランドをこよなく愛するインポーター・サザンクロスによるイベントです。
参加されている方々は皆様ニュージーランドのワイナリーに行ったことがあるような猛者が多かったように思えました。

ニュージーランドワインメッセ 2018(一般向け

今回も当然友人のニュージー忍者と参加。
ニュージーランドワインメッセ 2018(一般向け
入り口ではサザンクロスの檀原社長が自ら参加者のお出迎えをしておりました。
申し込み時1,000円課金でラムチョップのプレートを付けるかどうかを選べましたので当然付けましたが、当日の課金でも色々食事があるようです。

概要

ニュージーランドワインメッセ2018
前回は開催1ヶ月前にSOLD OUTとなりました「ニュージーランドワインメッセ」第2弾のご案内です!!
ニュージーランドワインだけに特化した輸入商社サザンクロス。ニュージーランド各地からサザンクロスが輸入する、全てのワイナリーをフリーテイスティングでお楽しみ頂けます。そして今回はマールボロから期待の新入荷ワイナリー「Two Rivers」と「Vandal」もフルラインナップで出品予定!
いま、ニュージーランドでは現代的な手法で世界のマーケットを席巻するワインや、よりクラフト志向の強いナチュラルスタイルのワインまで様々な個性溢れる生産者とワインが登場しています。そんないまの「ニュージーランドワインシーンの最前線」をまとめてご体感いただきます。
10ワイナリーから30種類以上のワインをご用意します。当日はグリーンソングスの栽培醸造家コウヘイ氏も来場し、グリーンソングスとニュージーランドワインのお話をワイン片手にミニセミナーでお届けします!

神楽坂散歩とランチがてらにワインを楽しむのも良し。
全種類のワインをストイックに比較試飲しても良し。
ミニセミナーで知的好奇心を満たしても良し。
お腹が空いたら、みんな大好きNZ産ラムチョップとワインで舌鼓を打っても良し!

ニュージーランドワインラバーの皆様、この機会にニュージーランドワインを試してみたい皆様、ご来場を心よりお待ちしております!!

※前回のお客様の声を参考に、今回は2部制での開催とさせて頂きます。会場スペースに余裕を持ってお楽しみ頂けます。
日程:6月16日(土)
第一部 11:00〜13:00(40名様まで)
第二部 14:00〜16:00(40名様まで)
場所:ウルトラチョップ神楽坂
http://www.ultrachop.jp/kagurazaka/index.html
住所:東京都新宿区神楽坂5-30 エムティティ神楽坂 1F
会費:①2500円(税込)フリーテイスティング
②3500円(税込)フリーテイスティング&おつまみプレート
※おつまみプレートは至極のNZラムチョップ入りでご予約特価!

ニュージーランドワインメッセ 2018(一般向け
お店は縦長で収容人数的にそれほど多くないので、ぎゅうぎゅう詰めです。
数少ないテーブル席や椅子は、荷物を置かれたり帰るまで動かない人々で占領されるのでおつまみプレートを食べるのもかなり苦労します。

ニュージーランドワインメッセ 2018(一般向け
おつまみプレートは結構美味しい。
白いマイタケみたいのはチーズで、これがニュージーランドのピノ・ノワールにもよく合います。

ニュージーランドワインメッセ 2018(一般向け
グリーンソングスからは栽培醸造家コウヘイさんも来ておりました。
以前は「ATAMAI」という名前のワインでしたが、今年から「GREEN SONGS」に。
今までなかったノンフィルターのピノ・ノワールが新たに参戦しておりました。

全体的に味わいとしてはもう一歩欲しいという感じが。
樽を使用したソーヴィニヨン・ブランが一番好きでした。

ニュージーランドワインメッセ 2018(一般向け

ワインは全部で32種類。

ニュージーランドワインメッセ 2018(一般向け
シャングリラシリーズは安定した美味しさ。


ピノ・ノワールが一番美味しい。

ニュージーランドワインメッセ 2018(一般向け

ニュージーランドワインメッセ 2018(一般向け
ワイナリーの紹介も随所に貼ってありました。

ニュージーランドワインメッセ 2018(一般向け
オーストラリアの有名所とインヴィーヴォのコラボワイン。

ニュージーランドワインメッセ 2018(一般向け
安定して美味しかったのはやはりインヴィーヴォのソーヴィニヨン・ブラン。

この週は月曜日にも大規模なニュージーランドの試飲会がありましたが、それとあまり被らないように色々出してくれていて楽しく試飲できました。

当日の資料

ニュージーランドワインメッセ 2018(一般向け ニュージーランドワインメッセ 2018(一般向け ニュージーランドワインメッセ 2018(一般向け


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!