昨年末に起こった山火事も何とか被害がなかったようで2017年もちゃんとリリースされたオーハイ・ヴィンヤード

古いヴィンテージは日本ではネットでも販売しておらず、貴重な個人所蔵のワインを飲ませていただきました。
熟成にもしっかり耐えうるいかにもカリフォルニアなピノ・ノワールでした。


<

 

ワインデータ

ワイン名:Pinot Noir Bien Nacido Vineyard ピノ・ノワール ビエン・ナシード・ヴィンヤード
生産地:USA > California
生産者:The Ojai Vineyard (ザ・オーハイ・ヴィンヤード)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red wine

 

ワイナリー

アダム・トルマックはカリフォルニア大学デービス校(全米大学ランキング8位)に行き、ブドウ栽培と栽培学を学び1976年に卒業後、祖父が1933年にオハイバレーで購入した甘いトウモロコシとメロンを栽培し、路傍のスタンドで販売した。
この満足はしているが、キツくほとんど無益な仕事をした2年後、彼は自分の研究分野での就職口を求めた。

サンタバーバラ郡のザカ・メサで学位を手にし、彼は自分のビジョンに従うことに決め、1982年に同僚のジム・クレンデネンとワイナリーを始めました。
オーボン・クリマのワイナリーは一晩で成功しましたが、ジムとアダムは一緒だが別々の道を歩かなければならなかった。
ジムは1991年にこの事業を買収しさらなる栄光に踏み出しました。

これと同時に、アダムはオーハイのブドウ園でシラーとソーヴィニヨン・ブランを植え、1983年にその果実からワインを生産し始めました。
クレンデネンとの共同作業が終わったとき、彼はオージャイ・ヴィンヤードに集中し、無限の探索を開始しました。

過去25年間を振り返ってみると、ザ・オーハイ・ヴィンヤードの発展は3つの異なる段階に分かれています。
当初は、新たな植え付け、新しい地域、品種の幅広い選択を試して、サンタバーバラ郡に合うものを発見するのはとても楽しいものでした。
ピノ・ノワール、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、シラー、およびその他のローヌの品種です。
1983年には、カリフォルニアでは都心部から郊外へ無秩序、無計画に開発が拡散していくスプロール現象と呼ばれるものが起きていましたが、ブドウはあまり気にせずに栽培されました。
ブドウの品質を向上させるために、点滴灌漑(配水管、チューブやエミッタ、弁などからなる施設を用い、土壌表面や根群域に直接ゆっくり灌漑水を与えることにより、水や肥料の消費量を最小限にする灌漑方式であり、トリクル灌漑やマイクロ灌漑ともよばれる)や縦列採集などの漸進的な実践に向けて栽培に移行するには数年かかりました。

これは、アダムが最高のワインを作るために努力している妥協のない計画の第2段階をもたらしました。
1994年までにワインは一貫して美味しかったし、彼の成功は注目を集めました。
それによって、アダムはブドウの契約をすべて変更して、エーカー単位で購入するのではなく、農業の慣行を指示し間引きによって作物の大きさを減らすことができました。
成熟するためにブドウに残った粒はより均一に成熟し、より強く風味が付きました。
彼は自分自身が高品質なブドウに典型的な価格の2〜3倍を支払っている事がわかっていましたが、それはそれがすべて価値があると信じていました。
次の10年間、ワインは大きく、語りかけるものの多い美味しいものでした。
彼は、品質をさらに向上させる目的で少量の亜硫酸塩を使用し、清澄化や濾過を避けてできるだけ自然にするために、ワイン造りのプロセスを細かく調整するために絶え間なく研究しました。

数年前に完成した第3段階は、アダムの完璧さに対する欲求を経験から自問し、彼が働いていた各ブドウ園の個性を伝える最良の方法を見いだすことになりました。

いくつかの例として彼はそれが健全なことであること、それが確実にワインの品質に影響を与えていることを知っていたので、農業を持続可能なものから有機的なものに変えるための措置をとりました。
2000年、彼は古い樽でシャルドネの一部を熟成させ始め、新しい木材の厄介な影響なしに個性がより明確に示されたことを発見しました。
彼はその結果に非常に満足していたので、彼が照らそうとしていたキャラクターに干渉しないように、彼は全てのワインで新樽の使用を減らしました。

アダム・トルマック曰く
特別なワインを製造するための鍵はブドウを育てる手間です。
ザ・オーハイ・ヴィンヤードで30年以上経った今、ワイナリーを動かすことに動機づけられ、興奮し続けるのは技術です。
経験と直感で行われた選択の結果を評価するプロセスが遅いことは、それが全てのことであり、その知識を使って調和のとれたビジョンに合ったワインを作ることです。
場所を小さくして、ワイン作りに手をつけておくことで、私はワイン作りに専念できるようになりました。

カリフォルニアで、特にここ南部でワインを作っている人は、自然に寛大な恵みを与えるブドウを使っています。
この緯度では、爆発力のあるモンスターワインを作るのは簡単ですが、そのトリックはニュアンスとエレガンスを見つけ出すことです。
そしてこれは、南カリフォルニアの南部のブドウ園からの豊かな果実と、バランスとフィネスをヨーロッパの感性と結びつけるという探求でした。
偉大なブドウ畑は、言うまでもなく個性的なものを持っています。
私はその特性を明確かつ斬新な方法で捉えています。

何年もの経験を経て、彼特定のブドウ畑から何が期待できるのか、また各ワインのワイン作りをコーディネートしようとしています。
ヴィンテージは様々であり、工程で考慮されなければならないのは適応性を要求するものです。
私はセラーでワインの状態を見て、移動、ポンプ輸送、清澄化およびろ過を避けるように、注意深いアプローチをとります。
究極の目的は何もしないで、ブドウ畑に独特の個性を表現させることです。

テイスティング

元々は力強く甘めのカリフォルニアワインですが、熟成したものは味わいが凄い。
色はレンガ色に薄くなっておりますが、香りも味もかなりバランスが取れております。
ブルゴーニュのような熟成したピノ・ノワールの香りとカルフォルニアらしいプルーンの香りも。
中々飲むことのできない素晴らしいワインでした。

飲んだ日:2014-05-11
飲んだ場所:ミニョレット(閉店)
買った場所:ワッシーズ
価格:10,000円前後(らしい)