以前はワールド・カップで猛威を振るっているオール・ブラックスの写真ラベルだったのですが、現在は大人しい見た目のラベルに代わってしまって残念なジャンクション

ニュージーランドらしいフレッシュなピノ・ノワールかと思いきや、次の日にはかなりスパイシーな味わいに代わっていて、品種が変わったかと思うほどでした。
日本はベスト8と大健闘でしたが残りのワールド・カップの試合も楽しみたい。

 

ワインデータ

ワイン名:Possession Pinot Noir
生産地:New Zealand > North Island > Hawke’s (Hawkes) Bay
生産者:Junction Wines (ジャンクション・ワインズ)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

ジャンクション・ヴィンヤードはオール・ブラックスのフォワードのジョン・アシュワースとその家族が所有しています。
ニュージーランドの中央ホークス・ベイにあるタカパウ平原の吹きさらしの石の多い砂利道の州道2号線と50号線の交差点に位置しています。

この小さなブティック・ワイナリーでは、長く涼しいセントラル・ホークス・ベイの成長期を楽しんでおり、息子とワイン・メーカーのリースが受賞歴のある強烈でアロマティックなワインを生産できるようにしています。
これらのワインは、あなたが楽しめると確信しているユニークで独特の特徴を持っています。

セラー見学では、多くのニュージーランド・ホスピタリティと美味しいワインをお楽しみいただけます。
キャンピングカーでお越しの場合は、一晩お泊りいただけます。

ジョンは、オールブラックスの最前線で24のテストを行いました。
ジョンは1977年から1986年のニュージーランド・キャバリアーズとの最終ツアーまでプレイし、1987年のラグビーワールドカップの1年前に引退しました。
ジョンのワインへの情熱は、フランスへのオールブラックス・ツアー中に生まれ、ピノ・ノワールを与えられ、「つま先までキた」と表現しています。
1985年、ジョンと妻のジョーはカンタベリーの農場を売却して北のホークスベイに移動しました。
新しい農場を探している間、ジョンはブドウを育てるのに適した場所を探していました。
現在、彼は1986年にセントラル・ホークスベイの土地を購入し、勝者となったことを示しています。

このワインは

ワインが自然に温まり始めたら春にマロラティック発酵を行うことを目的として、約30〜40%のフレンチオーク新樽で12〜15か月間寝かします。
リリースの約12か月前にワインを瓶詰めすると、ワインの時間が柔らかくなり、赤いベリー、ダークプラム、土の香りが漂うようになりますが、5〜7年の熟成もこのワインに適しています。

テイスティング

オールブラックスのジャケットのピノ。
抜栓直後はニューワールドのピノ・ノワールで、フレッシュでチェリーっぽい。
翌日残りを飲むとなんだかシラーみたいにスパイシーな味わいに変貌。
うさぎの皮かぶったオオカミ的ワイン。

飲んだ日:2018-02-19
飲んだ場所:ANAインターコンチネンタルホテル東京
値段:4,300円