飲んだワイン ドメーヌ・ルー・ペール・エ・フィス/クリスチャン・ルボーパン ジュヴレ・シャンベルタン2013 7点

最終更新日

初めて飲んだ作り手のドメーヌ・ルー

HPは地図が出てくるだけでどこもクリックできないという謎な作りでした。
どうやらドメーヌの3代目クリスチャンが作っているワインで、今後はこちらの名前の方がメインになっていくのでしょうか。

ワインデータ

ワイン名:Christian Lebaupin Gevrey Chambertin
生産地:France > Bourgogne > Côte de Nuits > Gevrey Chambertin
生産者:Dom. Roux Père et Fils (ドメーヌ・ルー・ペール・エ・フィス)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

コート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌ、コート・シャロネーズにあり、家族所有の65haのブドウ畑を拡張しつづけています。
ブドウの品種であるシャルドネとピノ・ノワールは、粘土と石灰岩の土壌の東と南に面した斜面で栽培されています。
ドメーヌの最高の気候から作られるブルゴーニュ白ワインは、バニラ、ヘーゼルナッツ、トースト・アーモンド、ピーチ・アプリコット、蜂蜜の香りを持つ豊かで複雑なワインです。
良質のワインであるブルゴーニュの赤ワインは、優雅な赤の果実味が濃厚でエレガントです。

ルー家のワインの冒険は、マルセル・ルーが父親フェルナンドの4haのブドウ畑を引き継いでワインに専念することを決めた1943年に始まりました。
1975年長男クリスチャンがワイン作りに参加した時に、ブドウ畑の面積はすでに30haでした。
その後、1980年にクリスチャンの兄弟であるレギス、1995年にエマニュエルが加わりました。
1977年彼らはワイン醸造と収穫の受け入れのためにステンレス製の機器に投資し、ブドウ畑では重要な努力がなされました。
ワインは新しい樽で熟成され、新しい「ルー・スタイル」が生まれます。
急激な変化は1990年に続き、「シャルモー」と呼ばれるサントーバン村の外にワイナリーが建設されました。
新しいワイナリーへのアクセスは簡単で、とりわけ機能的で、すべてが1つの区画にあります。
クリスチャンの子供、セバスチャンとマシューの第4世代がワイン作りに加わりました。
家族はブルゴーニュでコート・ド・ボーヌ、コート・ド・ニュイ、コート・シャロネーズに広がる65haのブドウ畑を運営しています。

技術と現代性を組み合わせた伝統的な方法(特に温度管理、分析、管理)で生産されたワインは、ヴィンテージとテロワールによって異なりますが、8〜18か月間オーク樽で熟成されます。

このワインは

3代目のクリスチャンが担当しているワイン。

テイスティング

良い意味でも悪い意味でもフレッシュ。
ヴィンテージ的なものなのか作り手的なものなのか、落ち着きのないイメージ。
ベリーやアメリカン・チェリーの濃い香り。
味わいは力強いが雑然としている。
もう少しでもっと美味しくなる感じがするのにそこに今はまだ届かない感じ。

飲んだ日:2019-08-19
飲んだ場所:ル プティ レストラン エピ
買った日:2019
買った場所:ウメムラ
価格:6,900円
インポーター:徳岡

wineninja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

error: Content is protected !!