ウメムラの福袋に入っていたティボー・リジェ・ベレールの入門ワイン。

入門編ですが、十分美味しく満足度は高いですが、値段も高い。
もう少し安かったらもっといっぱい買えるのに…

ワインデータ

ワイン名:Bourgogne Les Grands Chaillots
生産地:France > Bourgogne
生産者:Dom. Thibault Liger Belair (ドメーヌ・ティボー・リジェ・ベレール)
品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Red wine

ワイナリー

HPではフランス語にしないとワイナリーの歴史が出てこないというフランス語至上主義
いいじゃないですか…訳してみせますよ…google師匠が…

ワイナリーの始まりは18世紀に発します。
創立者のクロード・マリーとコント・リジェ・ベレールは、1720年にニュイ・サン・ジョルジュで創設され、1923年にリヨン証券取引所に上場し、ブルゴーニュで最も重要なワインのネゴシアンでした。
その収穫した高いブドウの質とワインの品質により、ワイナリーはその財産を増強し最高のキュベを獲得し、ブルゴーニュワインの普及をフランスと海外で展開するよう努めました。

クロード・マリーは王の秘書であり、ニュイの市長でした。
マリーはこの畑のブドウが素晴らしいワインになると考え、出来上がったブドウを売ることにしました。
1781年に彼の息子であるクロード・フィリベルト・マリーがブドウの管理を引き継ぎます。
1804年にクロードが逝去し最年少のニュイ市長である彼の息子ギョーム・フェリックス・マリーが引き継ぎます。
1852年養子のルー・ライガー・ベルエールはクロード・マリーとコント・リジェ・ベレールの名の下でヴォーヌ・ロマネのグラン・クリュのオーナーを務めました。
1869年にギョーム・フェリックス・マリーが逝去しましたが、ワイナリーはリジェ・ベレールの名で運営されています。

1878年コント・リジェ・ベレールが逝去し彼の息子、コント・エドガード・ベレールが当主になりました。
1906年に彼と彼の3人の息子がリジェ・ベレールのパートナーシップを結成しました。
1915年エガードが逝去し、エガードの息子であるフェリックスが取締役会会長を務めました。
彼の息子エグゼビアがマネージング・ディレクターに就任し、エグゼビアの死後にワイナリーは売却されました。
同年、母親の支援を受けた息子のヴィンセントがワイナリーを買戻し、ワイナリーを再建し3人のブドウ栽培者と海岸に再植え付けを行いました。
2001年にヴィンセントの息子であるティボー・リジェ・ベレールが、ブドウ栽培を引き継ぎドメーヌ・ティボー・リジェ・ベレールを創り出しました。

このワインは

「ニュイ・サン・ジョルジュのグラン・クリュ」とも評される1級畑、レ・サン・ジョルジュの正面という好立地に位置する畑。

テイスティング

ブルゴーニュ・ルージュだからと思って飲んだのですが、十分な美味しさに驚く。
この後に飲んだジュヴレ・シャンベルタンよりもよほど美味しく仕上がっている。
熟成感は当然ないが、酸は落ち着いておりフレッシュだありながら落ち着いたイメージ。
熟成させたらすぐに枯れてしまうのだろうが、熟成させてみたくなる味わい。

飲んだ日:2019-08-19
飲んだ場所:ル プティ レストラン エピ
買った日:2019-05
買った場所:ウメムラ
価格:3,900円
インポーター:ジェロボーム