ピュリニー・モンラッシェの高級ワインといえばソゼ

物凄く久しぶりに飲みました。
1991年まではドメーヌでしたが、それ以降はジャン・マルク・ボワイヨとの遺産相続の件で畑が1/3まで減少し、ドメーヌの看板を下ろしてネゴシアンとして活動していますが、品質や人気は以前よりも高くなる一方だと言います。

 

ワインデータ

ワイン名:Puligny Montrachet 1er Cru Champ Canet
生産地:France > Bourgogne > Côte de Beaune > Puligny Montrachet
生産者:Etienne Sauzet (エティエンヌ・ソゼ)
品種:Chardonnay (シャルドネ)
スタイル:White Wine

ワイナリー

ワイナリーを取得し、必要なものを購入した20世紀の前半にすべては始まります。
ジェラール・ブードの義祖父エティエンヌ・ソゼは、ピュリニー=モンラッシェで同じ名前のドメーヌを作成しました。
1975年に彼が亡くなったにもかかわらず、ソゼ(SAUZET)はまだこの地のシャルドネのオマージュとして残る6文字です。

エミリー・ブードはいつでもワインを生み出したこの地、ピューリニーの神話の土地を歩くことは誇りです。
この土地は彼女たちの中では非常に重要な要素であり、彼らの家族と直接つながっています。

彼女たちは最初にエティエンヌ・ソゼに敬意を表しますが、両親のジャニーヌとジェラール・ブードにも感謝の意を表します。

彼女たちのブドウ園は、15コート・ド・ボーヌのピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェ、コルモ=ル=グランに分布する15ヘクタールを表しています。
ブドウの木、土地、自然の世話をします。
それはブドウの各部分にエネルギーを与え、そしてすべてのワインにエネルギーを与えます。
彼女たちの仕事は、以前に行われたことを尊重し、将来への小さな一歩であり、それを続けることを誇りに思います…

このワインは

ソゼのピュリニー・モンラッシェ「シャン・カネ」のブドウ畑はムルソー・ペリエールの隣にあり、最大の保有地ですが、最低の収穫高を誇っています。
ブドウの樹齢は74歳までで、平均60歳です。

テイスティング

濃い黄金色。
ナッツ、柑橘系の香り。
ミネラル。
酸は程々。
全てが素晴らしいバランス。
非常に美味しい。

飲んだ日:2018-01-20
飲んだ場所:オレキス
価格:20,000円
インポーター:エノテカ