ペンフォールズの中でもやや高めの位置付けのBIN8

年代によって含有率が変わるのかカベルネシラーズの年もあるようです。
デイリーで飲むにはまあまあお値段が高い。
美味しいのですが、たまに飲むくらいに控えます。

 

ワインデータ

ワイン名:Bin 8 Shiraz Cabernet
生産地:Australia > South Australia > Barossa Valley
生産者:Penfolds (ペンフォールズ)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Shiraz (シラーズ)
スタイル:Red Wine

ワイナリー

ペンフォールズ、彼の成功は先見性と革新性によるものです。
1844年の初めから今日に至るまで、科学、芸術、革新の融合は、ペンフォールズをオーストラリアで最も有名で尊敬されているワインメーカーの1人にしました。

1844年初期のシェリーと酒精強化ワインが成功した後、創業者のメアリーとクリストファー・ペンフォールド博士はオーストラリアに渡りブドウを植え付け、この年マジール・エステートのペンフォールズ・ワイン会社として、本格的なブドウ園が正式に設立されました。

1870年同社が成長するにつれて、ペンフォールド博士の医学的評価も高くなり、ワイナリーの運営の多くがメアリー・ペンフォールドに移管されました。
早期から開始しているクラレットとリースリングへはますます普及し、1870年のクリストファーの死を機に、メアリーはワイナリーの全責任を引き継ぎ、ペンフォールズにおけるメアリーの治世は決意と努力により何年も栄えました。

1920年メアリー・ペンフォールドが1884年に退職し、娘のジョージ何マネージメント権を移管した時、サウス・オーストラリアのワイン全体の1/3を生産していました。
彼女は今日も続くワイン生産の新しい方法を試すという課題を決め、それは1896年のメアリー死後も大きな遺産としてペンフォールズは成果を上げています。
1907年までに、ペンフォールズは南オーストラリア州最大のワイナリーとなりました。

1948年マックス・シューベルトが同社初のチーフ・ワインメーカーになったことで歴史が再び生まれました。
忠実で真の革新者であるシューベルトは、1950年代にペンフォールズ・グランジを創造して長年にわたるワインの実験を行い、ペンフォールズを世界的な舞台に導いていきました。

1959年シューベルトは彼のグランジの実験を秘密に完結させ、「ビン・ワイン」の伝統が始まりました。
最初に、同社独自のバロッサ・バレー・ブドウ園のブドウを使ったシラーズ・ワインは、単に熟成用セラーにちなんで名付けられました。
そして、カリムナ・ビン28は、最初の公式なペンフォールズ・ビン・ナンバー・ワインになります。

1960年ペンフォールズのオーナーたちはマックス・シューベルトにグランジの生産を正式に再開するよう指示しました。
彼の決意と熟成ワインの品質がそれらを勝ち取ったのです。

すぐに多くのメダルを受賞し、グランジはすぐに世界で最も賞賛されたワインの一つになりました。
1988年、シューベルトが50歳の時にデキャンター・マガジンのマン・オフ・ザ・イヤーに命名され、ペンフォールズ・グランジは南オーストラリアの歴史的なワインとしてリスト入りしました。

21世紀、大成功にもかかわらずペンフォールズは決してその栄誉に頼ることはありません。
2012年にペンフォールズは、最も革新的なプロジェクトをリリース、2004カリムナ・ブロック・カベルネ・ソーヴィニヨンのアンプール12本を限定販売しました。

2年後、ペンフォールズは170周年を祝いました。
2008年のグランジでは世界で最も影響力のあるワイン誌2冊で100点満点でした。
今日、ペンフォールズは哲学と伝統を愛し続けています。

噂のアンプール

わずか12本しか製造されず、現地価格で約1,500万円。
既に完売済み。
開栓時には特殊な技術が必要な為ペンフォールズのシニア・ワインメーカーが世界中どこへでも訪問して開栓をする。

このワインは

ビン8は伝統的なペンフォールズスタイルで製造されています。
熟したバランスのよい果汁のフレーバーが、柔らかなオークの香りと混ざり、シルキーでなめらかな赤ワインとなっています。
このワインはカベルネ・シラーズ・ブレンドに対する興味をうけ、製造されました。
国際的なワイン関係のメディアの関心を集めているオーストラリアワインの代表的なスタイルを採用しています。
ほかのビンの番号は、ボトル詰めされたあと最初に貯蔵された場所からつけられていますが、ビン8は、ビン128、ビン28、ビン389と、すべて8を含んだビンで使用した年季の入ったオークを使用していることから、この名前が付けられています。

産地:ローブ、ボーダータウン、クナワラ、バロッサ・ヴァレー、リバーランドなどの南オーストラリアのブドウ園のブドウを使用したマルチリージョナルブレンド。
熟成:2~3年物のフレンチオークホッグスヘッド樽とアメリカンオークホッグスヘッド樽で12か月。

テイスティング

ブラックカラントやカシス。
タンニンもしっかり。
ジューシーでほのかな果実由来の甘み。
若干の樽香。
オーストラリアっぽい!と思う。
Bin2より8の方が好み。
1人で一本するっと飲んでしまったら翌朝恐ろしい頭痛に襲われた。

飲んだ日:2018-08-14
飲んだ場所:忍者屋敷
買った日:2018-08-14
買った場所:コストコ
価格:2,400円
インポーター:トレジャリーワインエステーツジャパン株式会社