「俺の」シリーズレストランと言えばデ・ボルトリのワインが出されるので、よくインスタなどにも挙がっています。

赤白泡共に飲みやすく、価格も高くないのが人気の秘密でしょうか。

 

ワインデータ

ワイン名:Lorimer Rosé Sparkling
生産地:Australia > New South Wales > Riverina
生産者:De Bortoli Wines (デ・ボルトリ・ワインズ)
品種:Chardonnay (シャルドネ), Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイル:Sparkling wine(Rose)

ワイナリー

デ・ボルトリ家の物語は、90年前に戦争で荒廃したヨーロッパで始まった決意と勝利の1つであり、今ではオーストラリア中で伝えられています。
彼らのワイナリーには、採用された土地で良いものを作る移民の世界的な物語、オーストラリアのワイン産業の台頭、そして上質なワイン、美味しい料理、そして親友である勇気と革新的な家族の物語が含まれます。

戦争で荒廃したイタリアから脱出した愛しあうカップルが、最も象徴的で最も愛されているワインのいくつかを生産し、オーストラリアのワイン造り王国の基礎にあります。

1924年:ヴィットリオ・デ・ボルトリがカステルクッコからニューサウスウェールズまで旅し、翌年グリフィス(正式にはバグタウンとして知られる)に到着。
平野と赤い大地はイタリアのトレビーゾの丘とは非常に異なるった場所でした。
1926年:ヴィットリオは一生懸命働き、しばらくの間雨水タンクの下で謙虚に暮らしていた。
ジュゼッピナは翌年オーストラリアに到着し、彼女の婚約者ヴィットリオと再会します。

1928年:ヴィットリオ、55エーカーのフルーツ農園を購入。
その年はシラーズのブドウがいっぱいになっていました。
多くの農民は、腐らせたほうが安いと考えていたシラーズをヴィットリオが無料で買い取り、15tのシラーズのブドウをつぶしワインにしていました。
その地域の地元のイタリア人と他のヨーロッパの労働者は彼からワインを買うことを申し出ます。
そしてデ・ボルトリ・ワインズが誕生しました。
翌年、ヴィットリオとジュゼッピナは農場で結婚しました。

1930年代:子供のフロリー、ディーン、エオラが生まれ、1931年までにデ・ボルトリ・ワインの需要はシドニーとクイーンズランドに輸送されている270L樽を積み込んだ列車の積荷からも見て取れました。
1945年:戦争は終わり、食べ物は豊富となりビジネスは成長していた
1951年:両親の希望に反して、15歳のディーン・デ・ボルトリがワイナリーで仕事を始めます。
1957年:ディーンが21歳になり、ワイナリーの生産を近代化しようとしました。
1958年:ディーンがエメリ・クニアルと結婚。
1960年代:ハロウィン用のパンプキン直売の利益から造られた家で、この10年間に3代目のダレン、リーン、ケビン、ビクターが生まれました。
ビルビル・ワイナリーの中心地でありながら、今日もこの家は健在です。
1970年代:ディーンがワイナリーを拡大し続け、オーストラリアで最初の大きな「ワインブーム」が起こります。
ディーンは全く新しい世代のワイン愛好家に新しいワインを紹介していきました。
1972年:オーストラリアで初めて卓越したワインたちの需要が酒精強化ワインを上回りました。
1979年:ヴィットリオとジュゼッピナが結婚50周年を迎えましたが、ヴィットリオはわずか数週間後に亡くなりました。

1980年代:ダレンがマーゴット・ヘーゼルグローブと結婚、リーンがスティーブ・ウィーバーと結婚。
1982年:新たに認定されたワインメーカー、ダレン・デ・ボルトリが、元々デ・ボルトリ・オーストラリアのソーテルヌ貴腐セミヨンとして発売され、絶賛されたノーブル・ワンを創作。
1985年:ノーブル・ワンが国際ワイン&スピリット大会でベスト貴腐ワインとしてトロフィーを獲得。
更に1992年と2004年に再び勝利しました。
1987年:デ・ボルトリ家がビクトリア州ヤラバレーでワイナリーとブドウ園を購入。

1990年代:リーンと夫のワインメーカーであるスティーブがデ・ボルトリ・ヤラ・ヴァレー・エステートを設立。
1991年:家族は4代目を歓迎し始める。
1996年:ビクターが同社初の海外支店を設立
1997年:デ・ボルトリ・ワインズがオーストラリアで最も権威のあるワイン賞であるジミーワトソン賞を受賞。
1990年代/2000年代:家族はキングバレーバレーでブドウ畑を購入し、ハンターバレーでワイナリーとブドウ畑を購入する

2000年代:ヤラ・ヴァレー・シャルドネ1998が国際ワイン&スピリット大会で最優秀シャルドネ賞を受賞。
ケビンがジェニファー・ラストンと結婚し、ビクターがメリッサ・ロバーツと結婚し、4代目デ・ボルトリの2人目の子供たちが生まれました。
2003年:デ・ボルトリ家は、周年記念式典の後間もなくオーストラリアでワインを造ってから75年を迎え、ディーンは亡くなりました。
2007年:スティーブ・ウェーバーがグルメ・トラベラー・ワイン誌のワインメーカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。
2010年 – 今日
2011年:デ・ボルトリ・ワインズがドリンク・ビジネス・グリーン・アワードで国際サステナビリティ賞を受賞しました。
これは、持続可能な取り組みが評価された最初の賞です。
2012年:デ・ボルトリは、当時のビルブル・サイトで最大の太陽電池設置を請け負っています。
2014年:サステナビリティ受賞者のグリーン・グローブ・エクセレンス。
持続可能性の卓越性に対するNSWビジネス会議賞。
タイディが持続可能なビジネス賞であるサステナビリティ・アドバンテージ・ゴールド・パートナーを受賞。
2015年:ABA100受賞。

このワインは

シャルドネとピノ・ノワールは鮮度を保つのを助けるために夜の涼みの中摘まれます、ピノは赤い色の顔料を下げるのを助けるために酸化的に扱われます。
どちらも暖かく発酵され、複雑さと口当たりを高めています。
ブレンドされそれから泡、そしてクリーミーな味わいを加えるためにタンクでのシャルマ方式での二次発酵をします。

テイスティング

きれいなピンク色。
泡は強い。
チェリーやイチゴの香り。
やや甘めの味わいで飲みやすい。

飲んだ日:2019-01-21
飲んだ場所:俺のフレンチYOKOHAMA
価格:880円
インポーター:ファームストン