由緒正しい老舗のゴレ

強い特徴はないですが、逆に万人受けするワインとも言えます
安価なのも嬉しい

シャトー・ラ・ゴレ [2010]赤ワイン フランス ボルドー

ワイン名:Ch. La Gorre シャトー・ラ ・ゴレ
生産地:France > Bordeaux > Médoc
生産者:Ch. La Gorre (シャトー・ラ ・ゴレ)
品種:Merlot (メルロ), Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Petit Verdot (プティ・ヴェルド)
スタイル:Red wine

ワイナリー
メドックの中心に位置し、1937年以来ベガダンのコミューンに所属する家族経営のシャトーで、は12.5ヘクタールのブドウ畑を所有しています。
植樹は高密度で6600〜8300本/ haおよびブドウの平均年齢は35歳。
そのテロワールの品質とそのヴィンテージの一貫性で有名なこの区域は、AOCメドック・アペラシオンで高品質のワインを生産しています。

ブドウを育て、ワインを直接販売して「フランス・ワイン生産者会」と提携しています。
2003年にクリュ・ブルジョワになり、同シャトーは2009年にアライアンス・クリュ・ブルジョワに加わりました。

適度な栽培と各収穫時の機械による収穫は、収量をコントロールし最適な品質のブドウを得ることを可能にする。
シャトー・ラ・ゴレ:1stワイン。ブルジョワ級。オークの樽で12ヶ月間熟成。
シャトー・オー・ペイリヤ:2ndワイン。セラー熟成ができ、数年は若く味わえます。

2ndは日本には入ってきてないようですが、海外では900円程で販売しています。


テイスティング
濃いルビー色。
ベリーの香り。
酸とタンニンはまろやか。

やや特徴のないボルドーともいえる。

飲んだ日:2018-03-24
飲んだ場所:忍者屋敷
価格:1,500円