世の中にニュージーランドのプロヴィダンス・ファンは多いと思いますが、このマランガイ・マタカナを飲んだことがある人は少ないでしょう。


というのも1995年にだけリリースされた、まさに幻の1ヴィンテージだからです。
桑田真澄氏のヴィンテージより全然入手難易度が高いワインとなっております。
海外やネットで見かけたらぜひ購入を。

ワインデータ

ワイン名:Marangai Matakana
生産地:New Zealand > North Island > Auckland
生産者:Providence Wines (プロヴィダンス・ワインズ)
品種:Cabernet Franc (カベルネ・フラン), Merlot (メルロ), Malbec (マルベック)
スタイル:Red wine

ワイナリー

プロビデンスで行われているぶどう畑の仕事は、自然の方法と材料だけを利用することに重点を置いて、最高品質の果物を生産することを目的としています。
したがって、除草剤、合成肥料、化学物質は使用されていません。
適用されるすべての材料は天然で持続可能です。
害虫や病気に対するブドウの木の自然な防御メカニズムを強化するよう努めます。
その結果、害虫が非常に少ないため治療の必要性がほとんどなくなりました。

春には、雑草を防ぎ、粘土質の土壌を通気するためにブドウの栽培が行われます。
粘土質の土壌は冬の雨で圧縮される傾向があります。
農薬は、ブドウの木を真菌症から保護するために必要なだけ散布します。


間伐とグリーンハーベストは、最適な品質を維持するために夏に行われます。
つるのトリミングと葉の摘採も品質を促進し、ブドウの木の間で最大の日光と空気循環を確保するために行われます。
必要に応じて、農薬を病気から保護するために使用します。

初秋は不均等な束の収穫前の除去を見て、最終収穫の品質を確実にします。
収穫は4月末までに完了します。
収穫後、土壌栽培は冬に備えて土壌を整えるために使用されます。
ブドウの木は落葉して休眠状態になります。

冬は剪定の時間です。
すべての剪定は手でゆっくり行われます。
杖は取り除かれてバーベキューの薪として使われます。
結実するつるはトレリス・ワイヤーに取り付けられ、9月に再び始まる次の成長期に備えます。

収穫は4月の最初の週に始まりますが、例外的な年には3月の最後の週に始まります。
ブドウは、露がなく、自然発酵に最適な温度であることを確認するために、午前10時30分以降に選択されます。
ぶどうは手で摘んで8キロのビンに入れ、完璧な状態でワイナリーに到着します。

房は徹底的に検査されます。
葉および不完全な果物は取り除かれます。
それからブドウは穏やかに茎から取り除かれ、木製のオープン・トップの発酵槽に移されます。
ブドウの房は1時間以内につるからワインへと移行します。

樽に入ると、ワインはマロラクティック発酵を開始します。
この発酵期間中に生成されたガスをゆっくりと放出させるために、樽はゆるく密封されています。

樽は木の吸収と蒸発に失われたワインを交換するために週に2回補充されます。
マロラクティック発酵が完了すると、ワインは密封されて長期熟成のために樽を横にする前に、沈殿物を除去するために棚に入れられます。

この間、ワインは定期的にラックに入れられ、卵白で清澄されます。
ワインは、ヴィンテージの特性にもよりますが、通常21〜24ヶ月の間樽で保管されます。


最終的なブレンドは、約18ヶ月後に決定されます。
瓶詰めする前に、ワインは大きな混合タンクで準備されます。
これは各びんの均等なブレンド、そして同等の高品質を保障します。

ボトルは重力で満たされており、ワインには圧力がかかりません。
使用されているコルクは最高品質のもので、ポルトガルで厳選され、ドイツでも厳選されています。
これはワインがその最大の可能性まで成熟し、少なくとも20年の間、完璧に飲むことを保証します。

このワインは

開花は非常に湿った条件で始まりました。
これは初夏まで続き、雨、雲量、日照不足の記録を更新しました。
おの非常に難しいヴィンテージは、満足のいく果実品質を保持するために精力的な果実選択をしなければなりませんでした。
収穫は通常より遅く開始しましたが、気象条件は望ましくありませんでした。

出来上がったワインはプロビダンスの基準に達していませんでした。
それは「Marangai=雨」というマオリ語でのリリースとなりました。

テイスティング

残念ながら冒頭で偉そうなことを言いつつも熱劣化品。
濁りがあり、ある程度のポテンシャルを感じつつも酸が勝る結果に。
ボルドータイプの味わいが熟成ピノのような味わいに。

飲んだ日:2017-11-19
飲んだ場所:ニュージープラットフォーム
価格:5,000円(当時)
インポーター:ピーロートジャパン