温度によって香りの開き方に大きく差があるように感じたオシアン


最も香りが開いている時は味わいも素晴らしく感じられ、非常に気難しいラテン美女のイメージでしょうか。
酸が穏やかで飲みやすく、明るいイメージのワインです。

ワンランク下のキンタルナしか見つかりませんでした。

ワインデータ

ワイン名:Ossian
生産地:Spain > Inland Region > Castilla y León
生産者:Ossian Vides y Vinos (オシアン・ビデス・イ・ビノス)
品種:Verdejo (ヴェルデホ)
スタイル:White wine

ワイナリー

このワイナリーは白ワイン愛好家にとって不可欠な生産者です。
ブドウ畑はセゴビア(マドリッドの北西、カスティーリャ・イ・レオン州)にあり、そのほとんどはワイナリーがあるニエヴァの村にあります。
すべてのぶどう酒はルエダの名称の範囲内ですが、ぶどう酒はVTカスティーリャ・イ・レオンとして販売されています。

このプロジェクトは、地元のワイン生産者であるイスマエル・ゴザロ氏とリベラ・デル・ドゥエロ監督委員会の元ディレクターであるハヴィエル・サッカニーニ氏によって2005年に開始されました。
オシアンの目的は、セゴビアのこの地域で栽培されている非常に古いヴェルデホのブドウの大きな可能性を探ることでした。
この地域の砂質の土壌は、フィロキセラを妨げていました。
実際、これはスペインのブドウの主要な場所の1つであり、20世紀半ばまでは接ぎ木のない植栽が一般的です。
この地域のワインは芳香性が低い傾向がありますが(エキゾチックなフルーツや草本の香りとは対照的に白いフルーツやハーブが期待されます)、それはテクスチャーとミネラルを提供しています。

2016年1月以来、リベラ・デル・ドゥエロにあるパゴ デ カラオベハスの所有者であるルイーズ家は、2013年にザッカニーニの株式とゴンザロの株式の一部を購入した後の唯一の利害関係者であり、最近ではニエバのワイン生産者も手に入れました。
有名な白ワインのスペシャリスト、ラファエル・パラシオス(日本でも9,000円近くするバルデオラスの「アス・ソルテス」の作り手)が、今やオシアンのワインコンサルタントを務めています。

オシアンは当初から、天然の堆肥や植物の抽出物にこだわる有機栽培へのこだわりが主な成長ツールとして際立っていました。
ここ数年で、ルイス家は115haに達するためにこの地域の土地を積極的に購入してきました。
そのうち50haはプレフィロキセラまたは未接木のブドウです。
20haは若木で、今後新しい苗木が導入される予定です。
目標は、現在の40,000本のボトルから15万本に増産することです。


入門レベルのキンタルナのスタイルが大幅に変更された2017年、ヴィンテージ向けの新しいラベルがデザインされました。
現在では4ヶ月ではなく9ヶ月熟成されており、ブレンドにはいくつかの樽発酵バッチと樽熟成バッチが含まれています。
ワインの品質と一貫性の向上は、7ユーロから13ユーロへの値上げをもたらしましたが、それでもその価格には大きな価値があります。

ワイナリーの主力ワインはオシアン(25ユーロ)です。このヴェルデホは、2~4年の間熟成することをお勧めしていますが、プレフィロキセラや非常に古い未接木のブドウから生まれ、225リットルのオーク樽から壺まで、さまざまな種類の容器で約9ヶ月間熟成されます。


カピテル(約46ユーロ)はより高級で購入者を選びます。
これは、コーデル・デ・ラ・スメリーナ地区で最も古くからあるオシアン地方の畑のひとつから作られた単一ブドウ畑のワインです。


ヴェルドリングはヴェルデホとドイツのワイン造りの実践を採用した結果です。
非常に珍しい結果はスペインでおよそ21ユーロで売られているクラウス・ピーター・ケラーの助けを借りて作られたドライ・ヴェルドリングとコンサルタントとしてニック・ワイスと作られた甘いバージョン(€16)です。
ワイン造りの面では、オシアンで作られるすべてのワインには天然酵母だけが採用されています。

テイスティング

一瞬シャルドネっぽいが、明るい青リンゴの香りがスペインらしい。
飲むときの温度管理が難しい。
温度が低いと香りが楽しめず、温度が上がると酸味が少ない為だれてきてしまう。
ジャストな温度だと果実味がたっぷりでかなり美味しい。
温度管理の上手なソムリエが居ないと本当の美味しさがわからないワイン。

飲んだ日:2016-06-19
飲んだ場所:バルデラコスタオラ
買った場所:ヴァン・シュール・ヴァン
価格:5,940円
インポーター:ヴァン・シュール・ヴァン