• 日々お酒の事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインとビールの事や、食べ歩いたお店を書いていきます。増税前の値段の場合もありますのであしからず。

最近増えてきたニュージーランドの泡を代表するトイ・トイ・ワインズ


ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランらしい草っぽい香りはしっかりしますので、その香りが嫌いな方はよく冷やして飲まれた方が良いと思います。
爽やかな香りと味わいで、気軽に飲めるため海外では瓶だけでなく缶でも発売されている模様。

 

ワインデータ

ワイン名:Sparkling Sauvignon Blanc
生産地:New Zealand > South Island > Marlborough
生産者:Toi Toi Wines (トイ・トイ・ワインズ)
品種:Sauvignon Blanc (ソーヴィニヨン・ブラン)
スタイル:Sparkling wine(White)

ワイナリー

彼らは人々が楽しむための上質なワインを作り出し、それは同時にニュージーランドの多様性と美しさを表しています。

ニュージーランドは多くのことで有名です。
その中でも特に大自然、そして人々、土地、そしてワイン関係が有名です。
トイトイはこれらの環境から、あらゆる機会にぴったりの風味、ボディ、そしてキャラクターを備えたワインを生み出します。
トイトイワインは「自然に触発された」ワインです。


彼らの名前でさえ自然から来ています。 Toi Toi(トイトイ)は、ニュージーランドの典型的な優雅な原生草花です。
ブドウの木と同じように、トイトイはニュージーランドの畏敬の念を起こさせる、多様な小地域の気候に適応した、彼らのワイン作りにインスピレーションを提供します。

マールボロ・ソーヴィニヨン・ブランやセントラルオタゴ・ピノ・ノワールなど、最も有名な地域からプレミアム品種を調達して、上質で個性的なニュージーランドワインを生み出すことを目指しています。

ケビンとサラ・ジョイスは、マールボロ・ワイン株式会社が設立された2006年にブルックデイルのブドウ畑を開墾しました。
彼らは2007年にトイトイ・ワインラベルが作成され、彼らの最初のヴィンテージであるトイトイ・マールボロ・ソーヴィニヨン・ブラン2007が製造されたときにアンドリューとジュリー・ボネールによってビジネスに参加しました。

ケビンとサラは、2017年にアンドリューとジュリーの株式を購入しました。
彼らは現在、子供であるアダムと彼の妻サマンサ、アデル、リチャードによってビジネスに参加しています。

ジョイス一家は、ニュージーランドの最高のぶどう畑の中で最高のブドウ畑から、ニュージーランドの最高のものを瓶詰めし、世界中のワイン愛好家と共有することを絶えず努力しています。

ケビンは「言うまでもなく、私たちの焦点は優れた品質の優れたワインを生産することですが、私たちはまた、飲むのが楽しいワインを作ることを目指しています」と話しています。

そして彼らのチーム全体が2つの愛を共有しています。
それは、ワインへの情熱と、ニュージーランドのアウト・ドアへの情熱です。
彼らは自然に触発されています。

彼らが働いていないときでさえ、誰もがこの国の多様な風景を楽しむこと以上の楽しみは無いと思っています。

ケビンは釣りやゴルフ場のグリーンでゲームを楽しみ、サラはピラティスやホッケー場でゴールキーピングで、アダムは飛行機旅行とダイビングを愛し、サマンサは犬を散歩させ、アデルはアドレナリンのでる冒険とリチャードはホッケーとウェイクボードを愛します。

勤務時間外には、ティムはシクロクロスでニュージーランドの自然環境を楽しんで、マウンテンバイクで環境を楽しんでいます。

このワインは

10月上旬に芽吹きが起こり、その後は暖かくて落ち着いた天気になりました。
1月から2月にかけては暖かく乾燥した天候が続き、ほとんど雨が降りませんでした。
収穫された果物は、長年に渡ってマールボロのオマカ、アワテレ、ワイラウ渓谷で見られる最もきれいで美味しいものでした。


ブドウはその風味を保つために早朝の涼しい時間に収穫され、それから最小限果皮に触れずに茎を取り除かれ、粉砕されそして軽くプレスされました。
透明なジュースはそれから固有の果物の風味と香りを保存するために選ばれた酵母菌株を使ってステンレス鋼タンクの中で低温で発酵されました。
発酵後、ブドウ酒は、混合、炭酸化、瓶詰めの前の6ヶ月間、風合いと複雑さを増すために軽い澱の上に置かれた。

テイスティング

よく冷やしてありましたが、ニュージーランドらしいソーヴィニヨン・ブランの香り。
ハーブ、柑橘系の香り。
よく冷やしてあれば草の香りはそこまで強くない。
酸は程々。
フレッシュ。

飲んだ日:2017-08-08
飲んだ場所:ニュージープラットフォーム
価格:2,300円
インポーター:アプレヴ・トレーディング株式会社


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!