2004年からリリースされたコンドリューを持つボンスリーヌを持ち寄りのワイン会でいただきました。

濃厚ヴィオニエを存分に楽しめる丁寧な作りに惚れ惚れ。
余韻が長く、ミネラル感もある程度あるという素晴らしいバランスです。

ワインデータ

ワイン名:Condrieu
生産地:France > Côtes du Rhône > Septentrional > Condrieu
生産者:Dom. de Bonserine (ドメーヌ・ド・ボンスリーヌ)
品種:Viognier (ヴィオニエ)
スタイル:White wine

ワイナリー

彼らのブドウ畑は、コート・ロティとブドウ園の12ヘクタールのブドウ畑、いわゆる名門の場所にあります。
コート・ブロンド、コート・ブリュヌ、ムートンヌ、ヴィアリエール、レイヤ、シャンパン(泡じゃない方)、フォンジャン、プラネゼはコート・ロティとアイグエ、コンドリューにあります。
彼らの財産は主にシラーの古い品種「セリーヌ」で構成されています。
そのシラーは小さな房を持っており、独特の芳香をしています。
彼らのブドウ園のコンドリュー・アペラシオンの白ブドウであるヴィオニエは約3%です。

5番。

このワインは

花崗岩土壌の区域。
2004年のヴィンテージ以来、この土地でコンドリューを生産してきました。
3つの異なる花崗岩土壌の区域は、ミネラルと果実のバランスを適切に保っています。
ヴィオニエの豊かでバターのようなしなやかなワインですが、新鮮さを備えており、それは花崗岩土壌から完全に表現されています。
非常に香ばしいスミレの花のような香りを滲出させ、ミネラルの余韻は長く続きます。

テイスティング

コンドリュー会のワイン。
ハチミツの香りが凄い。
流石熟成コンドリューと思わせる香り。
濃いめの色合いとバターらしさも熟成の証か。
非常に美味しい。

飲んだ日:2014-10-21
飲んだ場所:ラ・カーヴ・ド・ノア (la cave de Noa)
価格:8,000円
インポーター:ラックコーポレーション