高くて飲めない憧れのサッシカイアを飲む機会がありました。


こんな高いワインを飲む機会がないので緊張しながら飲みました。
まだまだ若い味わいでしたが、熟成していけばとんでもないワインになるんだろうなというのが素人の私にも分かりました。

 

ワインデータ

ワイン名:Sassicaia
生産地:Italy > Toscana
生産者:Tenuta San Guido (テヌータ・サン・グイド)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Cabernet Franc (カベルネ・フラン)
スタイル:Red wine

ワイナリー

テヌータ・サン・グイドは、11世紀に住んでいたサン・グイドのデッラ・ゲラルデスカにちなんで名付けられました。
イタリアのノーベル賞受賞者ジョズエ・カルドゥッチによって有名になったマレンマのレグホーンとグロセットの間のティレニア沿岸に位置し、海から丘まで13kmに渡ります。

その特徴は、サッシカイア・ワイン、サラブレッド種馬飼育場のラッザ・ドメッロ=オルジャータ、バード・サンクチュアリのパドゥル・ディ・ボルゲリです。
彼らは、海岸のパドゥル、平野の馬の訓練場、そして丘の上350メートルまで植えられたブドウ園で土地を分けています。
後者は彼ら自身のDOC、DOCボルゲリ・サッシカイアを与えられ、1つのエステートに含まれるDOCのイタリアで最初の、そして今までのところ唯一のケースです。

1930年10月18日に行われたマリオ・インチーザ・デッラ・ロッケッタとクラリス・デッラ・ゲラルデスカの結婚式からすべてが始まりました。

彼らはサラブレッド種の馬への愛を共有し、馬の育種家でトレーナーのフェデリコ・テージオとのパートナーシップを結びました。
1942年マリオ・インチーザは素晴らしいワインを愛していたため、カベルネのブドウ樹を植えました。
17年後、ボルゲリ鳥保護区はイタリアで最初の私有地保護区になります。

このワインは

1920年代マリオ・インチーザ・デッラ・ロッケッタは「サラブレッド」ワインを作ることを夢見ていましたが、彼ら当時の貴族の理想のワインはボルドーでした。
これは彼が尊敬するワイン評論家、1974年6月11日付けのルイジ・ヴェロネリへの手紙で書いていたほどです。

「…私​​の経験の起源は、1921年から1925年までの間、ピサの学生として、そしてしばしばミリアリーノのサルビアティ・デュークスのゲストとして、私は彼らのワイナリーの一つから生産されたワインを飲みました。熟成ボルドーのブーケ…。」

1940年代ティレニア沿岸のテヌータ・サングイドで妻クラリスと彼はいくつかのフランスのブドウ品種(ミリアリーノのサルビアティ・デュークスのエステートから回収したもの)で実験し、カベルネ・ソーヴィニヨンが彼の探していたブーケを持っていたと結論した。

主にカベルネ・ソーヴィニヨンから作られるワインは、トスカーナとピエモンテの伝統品種であったサンジョヴェーゼとネッビオーロから根本的に変えました。
テヌータ・サン・グイドでこの品種を植えるという革新的な決定は、マリオ・インチーザがトスカーナの地形とボルドーのグラーヴの地形の間で類似していることにありました。

フランス語で「グラーヴ」、または「グラヴェル」とは、ボルドー地域を区別する岩の多い地形を指します。
同様に、トスカーナの重厚なブドウ畑サッシカイア(石の地)は、フランスと同じ特徴を与えています。

マルケの最初のヴィンテージは暖かく受け入れられませんでした。
地元の軽めのワインに慣れていた批評家たちはまだわかっていませんでした。
より複雑なカベルネ・ソーヴィニヨンのブドウから作られたワインは、熟成して美味しくなるのにより多くの時間が必要になるということが考慮されていなかったのです。

そして1948年から1967年にかけて、サッシカイアはテヌータ・サン・グイドでのみ消費されることになっていました。

毎年、少数のケースがカスティリョンチェッロ・ディ・ボルゲリの地下室に保管されていました。
マルケ人はすぐにワインを熟成させることによってサッシカイアの味わいがかなり改善したことに気づきました。

友人や親戚はマリオ・インチーザのプロジェクトでさらに実験し、彼の革命的なワイン造りのスタイルを完成させるように促しました。
サッシカイアが最初に商業的にリリースされたのは1968年で、歓迎を受けたこのワインはボルドーのプルミエ・クリュの価値がありました。

この数年間で、セラーは温度管理された場所に移動され、スチール製の発酵槽が木製の槽に置き換えられ、フランスの樽が熟成プロセスに導入されました。

テイスティング

青みがかったガーネット。
パワフルで骨太なイタリアワインをイメージしていたが意外にチャーミング。
酸、タンニン共にしっかり。
ラズベリーなどの赤い果実の印象。
甘草の香りにミントの清涼感。
清潔感がある。
アルコール強いのかも?
熟成したら化けそう。

飲んだ日:2019-02-24
飲んだ場所:ビックカメラ町田
価格:20,000円
インポーター:エノテカ