近年一躍有名になり、安い価格帯のカザマッタはイタリアン・レストランでよくオンリストされているビービー・グラーツ


いつか数万円するコローレを飲んでみたいです。
味わいに特徴があるワインが多く、ファンが多いというのもよくわかる作り手です。

 

ワインデータ

ワイン名:Casamatta Rosso
生産地:Italy > Toscana
生産者:Bibi Graetz (ビービー・グラーツ)
品種:Sangiovese (サンジョヴェーゼ)
スタイル:Red wine

ワイナリー

60年以上前に彼の両親によって買収された中世のヴィンチリアータ城から、ワインメーカーのビービー・グラーツはフィレンツェの素晴らしい街を見下ろす丘の中腹でワインを作り上げています。
フィエーゾレのこの丘の中腹にある小さな5エーカーのぶどう畑だけで始まり、20年も経たないうちに、ビービーはイタリアで最も独創的なワイン生産者の1人になりました。
2000年に彼の最初のワインが発売されて以来、正式なトレーニングを受けずにビービー・グラーツはトスカーナのワインシーンをかき立てることに成功し、そしてテスタマッタとコローレの創設により、彼の名前は素晴らしいトスカーナワインの代名詞となりました。
ワイン・スペクテーター、ワイン・アドヴォケート、ジェームズ・サックリングなどのワイン出版物で90年代中に定期的に最高得点を獲得し、独自の巧妙なワイン作りのアプローチと共に、ビービー・グラーツのワインはワイン・コレクターやワイン・インポーターの間で忠実な支持を得ています。
トスカーナ周辺の古いブドウの木の区画からブドウを調達することは、ビービー・グラーツに大きな深みと魂を与えます。
一方、イソラ・デル・ジジリオからのブドウは、トスカーナが美しい白ワインでも知られることを証明しています。
古いブドウの木は、トスカーナの生産者から納入しているビービー・グラーツに、濃縮された上品なワイン生産を可能にします。
彼の代表的なワインをサンジョヴェーゼ、コロリーノそしてカナイオーロの伝統的な種類のワインだけに、そしてその先祖ともいえる種類のアンソニカとヴェルメンティーノから白ワインを製造することへの情熱は、他のものとは一線を画す独特のワインをもたらしました。

このワインは

カザマッタの文字通りの翻訳は「クレイジー・ハウス」ですが、芸術的なワインメーカー、ビービー・グラーツによって生産されたこのラインのワインは確かにクレイジーからはほど遠いです。
実際このワインは親しみやすく、すぐに飲めるようになっています。
カザマッタは混沌や楽しさ、愛、そして創造性を満たす場所であり、ビービーが住み、この充実した飲みやすいトスカーナ・ロッソを含む、これらのワインを作り出すことへの情熱を追求している場所です。

テイスティング

プラム、樽の香りがしっかり。
タンニンは強くない。
酸はしっかりでエッジが効いている。
お値段安いが、特徴あるワイン。

飲んだ日:2017-08-26
飲んだ場所:銀座イタリアンORIGO
買った日:2017-08-26
買った場所:銀座イタリアンORIGO
価格:1,500円(店内価格3,000円)
インポーター:サントリーワイン