佐世保市のふるさと納税で入手したハウステンボス仕様のクラレンドル


裏ラベルはそのままクラレンドルでした。
オーブリオンのサードという位置付けの様ですが、オーブリオン感は全くなくカジュアルな印象です。
とは言え値段は高騰してきており、カジュアルに飲むにはやや高価になってきました。

 

ワインデータ

ワイン名:Clarendelle Bordeaux Rouge
生産地:France > Bordeaux
生産者:Dom. Clarence Dillon (ドメーヌ・クラレンス・ディロン)
品種:Merlot (メルロ), Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Cabernet Franc (カベルネ・フラン)
スタイル:Red wine

ワイナリー

1934年アメリカの著名な投資家クラレンス・ディロン氏がボルドーを訪問し、彼はシャトー・オーブリオンの魅力に陥りこの伝説的なワイナリーを取得する機会を得ました。
彼はもう一度輝く時を待っている貴重な宝石を発見したのです。

何世紀もの間その名を轟かせていましたが、オーブリオンは困難な時代を経験していました。
クラレンス・ディロン氏は1935年にこの土地を購入しました。
これは彼の家族がこの有名なシャトーやボルドーのワインに長い間取り組むきっかけの始まりでした。

それ以来のすべての改善と革新はシャトーの完璧さへの愛によって導かれてきました、そしてシャトー・オーブリオンは責任をもってそれらを実行する人々のおかげでその高貴なシャトーの価値があり続けました。
1983年ディロン家はまた、近隣のワイナリーであるシャトー・ラ・ミッション・オーブリオンを取得しました。
2011年の創業以来、同社はサン・テミリオンの最高級ワイン、シャトー・キンタスを誇りにしています。

今日では、ドメーヌ・クラレンス・ディロンは、比類のない評判の5つの希少で並外れたエステート・ワインとそのセカンド・ワインを生産するという他にはない特権を持っています。
ドメーヌ・クラレンス・ディロンの専門知識は、5世紀の歴史の上に成り立っており、その土地で生産されるすべてのワインに反映されています。
クラレンス・ディロンがボルドーに訪問してから70年後の2005年、彼の孫であるロバート=ルクセンブルグ王子は、ボルドーで最初の高級ブランドワインを生産・販売するためのクラレンス・ディロン・ワインズを設立し、ディロン家の歴史の新しい章を書き始めました。

クラレンス・ディロンの名前にインスパイアされたクラレンドルの使命は、この偉人が残した完璧なシャトーを追求することであり、それはボルドーに定住した最初の家族の一員へのオマージュです。

クラレンドルの創設を通じて、クラレンス・ディロン・ワインズとドメーヌ・クラレンス・ディロンは、この地域の大きな可能性と自信を持っているということに新たな光を投げかけ、それが世界全体のベンチマークとなっています。
この卓越したテロワール、情熱的な人々、そして何世紀にもわたって受け継がれてきた専門知識によって、すべての必要な材料はトップ・エンドのボルドー・ブランドの創造のためにあり続けます。

このワインは

2010年は非常に乾いた年で、特にブドウの成長期には乾燥していました。
結果として生じる雨の欠如は、ブドウの凝縮に寄与しました。
夜間の涼しい気温は香りを閉じ込め、比較的高いアルコール度を反映してワインの酸度を維持しました。
このヴィンテージは、間違いなく過去10年間で最高のもののひとつとなるでしょう。

ピーク:2015年-2020年
サービング温度:18°-20°C
それを提供する1時間前にワインを開いてデキャンタすることをお勧めします。

82%メルロー、16%カベルネ・ソーヴィニヨン、2%カベルネ・フラン。

テイスティング

ボルドーらしい濃い色合い。
黒果実の香り。
スパイス感はそれほど強くない。
後半土の香り。
タンニンはしっかりで骨太のイメージ。

飲んだ日:2017-08-26
飲んだ場所:銀座イタリアンORIGO
買った日:2016-12
買った場所:長崎県佐世保市ふるさと納税
価格:3,000円
インポーター:ワイン通販 エノテカ楽天市場店