ニュージープラットフォームの店長箸本さんにご馳走していただいたリンデン・エステート・ワインズのデザートワイン。


お店を開店したヴィンテージを友人がニュージーランドから買ってきてくれたとの事。
そんな貴重なワインを提供していただいていいのかと一同恐縮してしまいました。
残念ながらピークは過ぎていましたが、その心遣いと記念ともいえるワインを飲ませていただき、味わい以上のものを感じられました。

リンデン・エステート・ワインズ/カプリス デザート・トラミナー1996

ワインデータ

ワイン名:Capris Dessert Traminar
生産地:New Zealand > North Island > Hawkes Bay
生産者:Linden Estate Wines (リンデン・エステート・ワインズ)
品種:Gewürztraminer (ゲヴュルツトラミネール)
スタイル:White wine

ワイナリー

リンデンエステートは1971年にファン・デル・リンデン家によって設立されました。

現在のワイナリー施設は1991年に建設され、ブドウ園ではシャルドネ、メルロー、ソーヴィニヨン・ブラン、カベルネ・ソーヴィニヨンなどの伝統的なブドウ品種を使用した慎重に計画された植栽プログラムが行われました。
シャルドネは彼らの最初のメダル獲得品であり、そしてニュージーランド航空のファースト・クラスとビジネス・クラスのサービスに選ばれました。
ワインの多くはイギリス、アメリカ、デンマーク、オランダ、カナダ、台湾に輸出されていました。


現在の所有者は、高級ワインの生産者としてブランドを再確立することを目的として、2006年にワイナリーを買収しました。
全く新しい、情熱的なチームで、彼らの目的は高級ブティック・ホークス・ベイ・ワインを作ることです。
彼らの努力と細部へのこだわりは並外れたブドウを育てるための鍵であり、その結果として、彼らのワインは強い果物の風味で深さ、豊かさと複雑さを実現しています。

リンデン・エステートは、ニュージーランドで最も用途の広いワイン生産地域であるホークス・ベイの暖かい気候を楽しんでいます。
彼らは、エスクダール地区のネーピアから北へ15分のところにあります。
リンデン・エステートは、タウポからホークス・ベイに到着した最初のワイナリーであり、どんなワイン・テイスティング体験も始めるのに理想的な場所です。
セラーの扉は周囲のブドウ畑の上にあり、背景の樹木が茂った丘に谷を越えて素晴らしい眺望を提供しています。
訪問者のために、リンデン・エステート・ワイナリーはユニークなワイン、美しい景色と親しみやすいスタッフを提供します。

リンデン・エステート・ワインズ/カプリス デザート・トラミナー1996

テイスティング
残念ながら既にピークを越え、味も香りもかなり弱っている。
それでも非常に貴重な年代のワインを飲めるだけでもありがたいことです。
元々アルバリーニョやタナなどの品種も作っている面白いワイナリーで、ゲヴェルツトラミネールもまだ作っています。
ある程度の甘さも残っており、ワインが過ごした年月を感じられました。


飲んだ日:2017-09-30
飲んだ場所:ニュージープラットフォーム