リカマン・グループのカーヴ・ド・エル・ナオタカの福袋で購入した中に入っていたポデーレ・フォルトゥーナ

2本ほど飲みましたがここの福袋はかなり優秀なワインが入っているという印象でした。
結構高価なイタリアワインを飲んだのは久しぶりでしたが、このワインは中々美味しくて、高級ワインをよく飲んでいる友人の外人忍者も喜んでいました。

ワインデータ

ワイン名:Fortuni Pinot Nero
生産地:Italy > Toscana
生産者:Podere Fortuna (ポデーレ・フォルトゥーナ)
品種:Pinot Nero (ピノ・ネーロ)
スタイル:Red wine

ワイナリー

ポデーレ・フォルトゥーナは、ムジェロ渓谷の美しい丘陵地帯の中、トスカーナの中心部、フィレンツェの北25kmに位置しています。
この地域のこの地域は、シーヴ川とアペニン山麓の間の大きな自然の円形広場を形成し、トスカーナとエミリア・ロマーニャの境界を表しています。
敷地面積は31haで、6haがブドウ園専用です。
ここでは主にピノ・ノワールを生産しています。
これはブルゴーニュ産の素晴らしい赤ワインの主要なブドウ品種で、世界で最も高貴でありながら挑戦的なブドウ品種の1つと見なされています。
彼らは、毎年完璧なブドウを作ることを目標としながらも、長期的な視野を持って環境にやさしい方法でブドウ畑の世話をしています。
ブドウ畑への細心の注意は、とてもやりがいのあるブドウ畑での作業であり、さまざまなヴィンテージで最高品質のワインを維持する唯一の方法であると考えています。

ポデーレ・フォルトゥーナは、ムジェロ渓谷のこの地域の原産であったメディチ家が所有するカファッジョーロ城の敷地の一部でした。
この場所は中世から素晴らしいワインで知られており、現在もフィレンツェで利用可能なメディチ史跡館のおかげで、1465年にポデーレ・フォルトゥーナでのワイン造りの証明が見つかりました。
この土地がロレンツォ・デ・メディチに継承され、彼の古代の紋章は、メディチの紋章の上に赤いブドウを飾っていました。

このワインは

このワインはフォルトゥーニのブドウ畑で栽培されたブドウによって生産されています。
ブドウは小さな箱に手摘み収穫され、温度調節機能を備えたフレンチ・オークのオープン・バットでの醸造前に2つの異なる選別テーブルによって選択されます。
発酵は完全に自然であり、唯一の先住民族の酵母に任せられて、そしてテロワールとヴィンテージの特徴を引き出すことを目的としました。
彼らはまた自然な酸度およびタンニンを変えるためのあらゆる行為を除外しています。
その後、ブドウの状態に応じて約18〜25日間発酵させた後、ワインはフレンチ・オークの樽に12ヶ月間保管されます。
この期間が過ぎると、次の6ヶ月間はワインをセメントのバットに定着させ、冬に霜をかけて清潔にし、濾過せずに瓶詰めする機会を待ちます。
このようにして、彼らは大きな熟成に必要なものをすべてワインの中に残します。

テイスティング

やや濃厚な紫がかったルビー色。
ダークチェリーとベリーのフルーティーな香り。
余韻が長い。
この日飲んだ中で濃い味わいで果実味を感じられ一番おいしかった。

飲んだ日:2019-05-11
飲んだ場所:エス クラッシコ
買った日:2018-12-05
買った場所:ウメムラ
価格:9,800円
インポーター:ヴィノラム